net1.jpg
緑のカーテン、きれいで快適でした!


2011年は、東日本大震災、原発の影響もあり、
省エネのために緑のカーテンを作られたかたも多いと思います。

いちばん人気があったのがゴーヤ、
そして朝顔やヘチマの人気も高まりました。

その園芸用ネット、いつ、どうやって、
はずしたら良いのでしょう?
また、保管方法も販売者さんにうかがってきました。


園芸ネットはずす時期

9月〜10月にはずすのが一般的です。
葉が枯れてきたり、全体的に黄ばんできたら、
植物も終わりに近いのではずしましょう。

大型の台風がやってきそうなら、
はずしておくほうが安全です。


net2.jpg
ゴーヤ、まだなっています


園芸ネットはずし方

茂っているゴーヤや朝顔なども、
地際で茎を切ってあげると、
1〜2日でしおれてボリュームがなくなります。

ツルを数本引っ張りながら、
30〜50cmおきに切って、
ネットからはずしていきます。

ネットが大量にある場合は、
土に埋め込んでおくと次のシーズンには、
茎葉は腐り土に戻ります。
ネットは水洗いして再使用できます。


園芸ネット保存方法

葉や茎を取り除いたら、
風通しの良い乾燥した場所で保管します。


ネットそのまま栽培利用する場合

ネットの結び目を確認し、緩んだところは直します

そして古土のゴミや根を取り去ります。
リサイクル材や新しい培養土を入れ、
秋からのツル植物を育てられます。

エンドウやスイートピー、ジャスミン、ツタ類など、
つる性植物を選んでみてください。
 カテゴリ
 タグ