oniyuri300.jpg
オニユリの鮮やかさ


kooniyuri300.jpg
コオニユリの季節、茅葺の屋根にも咲く


8月の暑さのなかでも、
上旬には、オニユリ、コオニユリ、
中旬には、カノコユリ、
下旬には、シンテッポウユリなど、
美しいユリの花が咲き出します。 


猛暑のなかでも、花の少ない季節を彩り、
ユリは球根を大きくしようと頑張っています。

土の中では、ユリの鱗片が作られ球根も太ります。
木子もみるみる成長してきます。
うまく栽培すると、翌年も開花を楽しめます。


sinteppouyuri.jpg
シンテッポウユリも美しい


庭植え ユリ育て方 8月

・栽培管理
盛夏の直射日光に弱い種類のユリには、
夏の強い日差しを遮光する寒冷紗やすだれで、
半日陰状態にしましょう。

咲き終えたユリの花は、房ごと手で折ります。
ほかの植物からのウイルスの伝染が心配なので、
ハサミを使わず手で折り取りましょう。

・水やり
乾燥しすぎたときのみで、とくに必要ありません。
晴れの日が続き乾燥しているときは、
バケツやホースを使って、たっぷりと水をあげます。
気温がまだ低い早朝にあげます。

・肥料
与えません。
今年のユリへの施肥はおしまいです。

温度が高いときの肥料は、
有害なこともあるので、
7月の上〜中旬までに施しておきます。

・病害虫
コウモリガの幼虫の被害が、まれに付きます。
茎の地際近くからおがくずのようなものが、
見えれば、ほぼコウモリガです。
薬剤は効きませんので、
針金のようなものを茎に差し込んで、
コウモリガの幼虫を退治します。

そのほか、ウィルス病、斑葉病、灰色かび病の防除には、
薬剤を使用するか、風通しを良くし、できるだけ日に当てます。

・雑草取り
ユリの根元の雑草が肥料を摂らないように、
雑草は、できるだけ小さいうちに取り去り、
できれば、稲わらや腐葉土などで、
マルチングすると病気予防になります。


■鉢・プランター植え ユリの育て方 8月

・水やり
鉢土の表面が乾いたら、たっぷり与えます。
水を常にやりすぎると、軟弱に育ちますので、
メリハリをつけるよう注意してください。
朝夕2回の水やりが必要な日もあります。

・肥料
7月と同様、液体肥料で追肥をする場合は、
8月中旬ごろまで、2週間に1回、
水やりのかわりに与えます。
花後は、緩効性肥料をお礼肥に施しましょう。

・置き場所と暑さ対策
ユリは、真夏に開花した場合、
室内の明るい風通しの良い場所に移動すると、
花もちが良くなり元気に育ってくれます。
花後は、元の場所に戻します。

真夏は日差しが強いですので、
コンクリートにじかに置いている場合は、
温度が上がりすぎます。
台やスノコなどの上に置くと良いでしょう。

アジアンティック・ハイブリッドは、
日当たりの良い場所が好きです。
しかし、鉢の温度が上がるとバテてしまいます。

遮光したり2重鉢にしたり鉢が陰になるよう配慮します。
オリエンタル・ハイブリッドは、半日陰を好みます。

・病害虫
庭植えと同じです。

■参考
・ユリ 育て方 12ヶ月 目次
・カサブランカ(ゆり、百合)の球根の植え方

>>ユリの球根、苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ