tamaajisai1.jpg
タマアジサイは、つぼみが玉のように丸く愛らしい


tamaajisai2.jpg
タマアジサイは、7〜9月頃に開花
写真撮影 C)ポチの友達さま


8月は、1年のうちでアジサイが最も苦手な季節です。
8月のアジサイの栽培ポイントと主な作業をまとめましたので、
ぜひ、参考にしてください。


いつもは元気な庭植えのアジサイでさえ、
暑さや日差し、水切れにまいってしまいます。

一方、涼しい山間部では、
タマアジサイの群生が、
みごとに開花しています。


■アジサイの育て方と栽培 8月

●8月のアジサイの栽培ポイント
猛暑の8月は、水やりがコツです。
乾燥しすぎていたら、日中でも水やりしてください。

葉がしおれるくらいですと瀕死の状態ですから、
枯死する可能性もあるので、水を与えます。

庭植えのアジサイは、じゅうぶんに水やりすると、
水切れに弱くなる体質になります。

アジサイの葉のしおれ具合をよく観察して、
水やりしてあげると、立派で元気な株に育ちます。


●主な栽培作業

・剪定
まだ剪定していないアジサイは、
翌年もみごとな花を咲かせるように、
8月上旬までには剪定します。

開花の早いヤマアジサイ、ウツギなどは、
剪定すると翌年の花芽がつかなくなるので、
8月は剪定はしないようにします。

剪定は、花の咲いた枝のみ行います。
上から3〜4節目のを切りましょう。

今年、開花しなかった枝のほとんどが、
翌年に大事な花芽を持ちます。

・鉢植えの置き場所
日光が強いと葉焼けします。
また、日光が当たらないと、
来年の花つきが悪くなります。

アジサイの鉢は、半日陰に移すか、
よしずなどで遮光してあげると、
元気に育ちます。

なお、北アメリカ原産種の、
カシワバアジサイ、アナベルなどは、
日当たりを好みます。

・水やり
水切れさせないよう、
気をつけて栽培します。

・肥料
与えません。

・病害虫
7月と同様に、
ハダニが発生する時期です。
葉裏にも殺虫剤をかけるのがコツです。

コウモリガの幼虫が発生する時期です、
発見したらすぐに、被害枝を取り除きます。

■参考
・アジサイの育て方12ヶ月
 タグ