go-yaA.jpg
ゴーヤ、うまく育てると1苗30本、収穫できます


ゴーヤ(ニガウリ)が、1mくらいの高さになっても、
雌花がつかず結実できないことがあります。
その原因をご紹介します。



■ゴーヤの雌花、実がつかない理由

1.ゴーヤの摘芯をしていない
ゴーヤは、子ヅル、孫ヅルに多く実をつけるので、
本葉5〜7枚のころに、親ヅルの先をハサミで切ります。


そうすると、子ヅルが伸びるので、
その子ヅルの葉が5〜7枚出てきたら、
再度ハサミで摘芯し、孫ヅルを出させます。

また、親ヅルを伸ばし、子ヅル、孫ヅルを、
放任してなりゆきで育てる方法もあります。

どちらの方法でも、
1株で20〜30個のゴーヤが収穫できます。

雌花が咲いたら、都会では人工授粉したほうが、確実に結実できます。
雄花を採って先を雌花にすりつけます。


狭いスペースでの無加温育苗の苗は、
摘心すると実がよくなります。

かなり育ってしまったゴーヤでも、
ツルの先を摘んで子ヅル、孫ヅルを、生長させれば、
雌花が咲いて結実することができます。

広い場所での加温育苗苗は、
なりゆきで栽培したほうが良い結果が出ます。

脇芽が出てきたり、下葉の元気がない場合は、
摘んで風通しをよくしてあげると元気に育ちます。


goya-obana.jpg
ゴーヤの雄花、虫が来ないところでは人工授粉をしましょう


go-yaBmebaba.jpg
ゴーヤの雌花、膨らんでいるのですぐ分かります


2.誘引がされていない
ゴーヤは、1m以上くらいの高さに育ったら、
横に誘引したほうが、結実が良くなりますので、
小さくても棚作りにします。


棚から下がってきたツルは、棚に戻してあげます。


goya016.jpg
白ゴーヤも美しく美味です


3.肥料が不足している
7月の梅雨明け1週間くらい前と8月と9月の中旬頃に、
化成肥料を1株ひとつかみくらい与えます。


葉が黄ばんできて、
樹勢が落ちて元気がないときは、
規定量に薄めた液肥を使うと効果的です。

8月中旬、実の曲がりがあるときは、
石灰を1株2分の1つかみ与えると治ります。

肥料を与えすぎると肥料焼けを起こして、
葉の色が濃くなり葉が縮んできますので、
追肥の量を加減してください。

4.ウリ科の連作障害が出ている
接ぎ木苗を使えば心配はないのですが、
もし同じ土壌でタネから育てた場合は、
連作障害の可能性があります。


■参考

・ゴーヤの種のとり方
・ニガウリ(ゴーヤ)が発芽しない理由と対策は?
・ゴーヤなどのネットのはずし方としまい方
・ゴーヤの雌花が咲かない結実しない原因は?写真つき
・ゴーヤ、地植えの育て方1 タネまきから追肥まで
・ゴーヤ、地植えの育て方2 摘芯から収穫まで
・ニガウリ(ゴーヤ)の剪定で収穫を増やす
・ゴーヤのプランター栽培のコツ
 カテゴリ
 タグ