itigogari300.jpg
おいしいイチゴ作りは7月の作業が大切


itigobatake.jpg
イチゴ畑もすくすく育つ


7月、イチゴがの生長が盛んで、
ランナーをたくさん伸ばします。

先月中旬ころまでのランナーは、摘み取りましたが、
7月には、ランナーを整理しながら育てていきます。

イチゴをおいしくたくさん作るコツは、
ランナーを選別、整理して健康で丈夫な苗を作り、
梅雨どきや病害虫を、元気に乗り越えることです。


ランナー整理

・畑のランナーの場合
ランナーが偏って育ったり混みすぎると、
湿度が高くなり風通しが悪いので、
病気が出たり徒長しやすくなります。

畑のランナーは、
発育し始めたころから、ランナーの間隔をとり、
1苗、6〜7本のランナーを隣と重ならないように、
柔らかい針金などで地面にとめて育てます。

株の元のギザギザがクラウンです。
この部分を土に埋めると成長し難くなるので気をつけます。
節から出たランナーは、弱いので取り除きます。

・ポット育苗のランナーの場合
太くてしっかりしたランナーを選びます。
ランナーの葉が2〜3枚開いたころに、
3〜4号ポリポットに載せて、
U字型にした針金でとめ発根させます。

土は肥料を含まない用土、赤玉土と腐葉土や、
肥料分の少ない培養土を用いるのが最適です。
ポットにはじゅうぶん水やりしてください。


雑草取り中耕

6月に続いて、雑草対策をします。
イチゴの親株近くには、雑草が多く育ちます。
雑草をコマメに取り除きます。

さらに土の表面が硬くなっていると、
子株が根を張りにくいので、
除草と同時に、表土を軽く耕す=中耕をします。


梅雨対策

とくに畑では、親株床に多量の雨水が流れると、
根腐れや苗床の土が流されてしまいます。
溝を掘るなど排水をよくします。

■参考
・イチゴの栽培 育て方 6月−1.ランナー整理と中耕
・イチゴの栽培 育て方 6月−2.水やりと追肥に注意
・イチゴの栽培 育て方 5月−1.収穫と親株の植え付け
・イチゴの栽培 育て方 5月−2.収穫株と親株の管理
・イチゴの栽培 育て方 4月−1.収穫株の管理、長雨対策
・イチゴの栽培 育て方 4月−2.育苗畑の準備
・イチゴの栽培 育て方 4月−3.親株の準備
・イチゴ 栽培 12ヶ月
・イチゴ(いちご・苺)の育て方
・イチゴ 品種 ランキング

>>イチゴの苗を各種見てみる

初心者のための果樹栽培|庭植え・鉢植えで大収穫
 カテゴリ
 タグ