PentasA.jpg
ペンタス、咲き始めもきれい


PentasB.jpg
ペンタス、真夏でも元気


ペンタス(Pentas)は、アカネ科ペンタス属で、
アフリカ、アラビア半島が原産の多年草低木です。
別名クササンタンカとも呼ばれます。

温室栽培された苗が春から出回ることが多いです。
一般には、初夏から秋のはじめに花が咲きます。

ライカ、スターダスト、八重咲き種などがあり、
草丈は30cmから1mを肥える品種もあります。

花径は1〜2cmくらいで星型で、
花色は、白、桃、赤、青、紫など多彩。

夏の暑さに強く映える花です。
寄せ植えにも活躍し、こまめに手入れすると、
花持ちも姿も美しく整います。

植え付けは5月中旬くらいにすると、
6〜9月に渡って、花を楽しめます。


Pentas white.jpg
ペンタスの白も人気


ペンタス育て方 栽培方法

・苗の選び方
苗の購入は5月以降が、栽培しやすいです。
つぼみの多くついたもの、
葉の色がよくずんぐりしていて、
下葉が黄ばんだり枯れていない苗が良いです。

・栽培場所
5〜10月は、風通しのよい日なたで栽培します。
冬は室内にとりこみましょう。
冬越には最低5〜6℃以上必要です。

・水やり
春、秋には、2〜3日に1回の水やりが目安です。
土が乾いてから水を与えます。

水をやり過ぎると根腐れしやすいので、
与えすぎには注意しましょう。
開花期は、水を欲しがり乾きやすいので、
土の乾き具合をときどき見て、
白っぽく乾いていたら水やりします。

・肥料と追肥
ペンタスは、肥料を好みます。
生育期間である5〜10月は、
緩効性化学肥料などを2か月に1回与えます。
このほかに10日に1回ほど、
薄めの液肥を、水やりがわりに与えます。

ペンタスは、葉の色が黄色になったら、
肥料切れの兆候となります。

・植え替えのポイント
ペンタスの植え替えの適期は、
冬越後の、5月中〜下旬です。
一般の草花の培養土か、
赤玉土、腐葉土、川砂などをまぜた、
排水性のよい清潔な用土に植え替えます。

・増やし方
挿し木で容易に増やすことができます。
5〜6月ころが挿し木の適期です。
茎の先を4〜5cm切り取り、
清潔な土に挿して発根させます。
挿し木用の土や、バーミキュライト、
鹿沼土などを単体で用いるとよいです。

■参考
挿し木(挿し芽)の方法 画像つき

・病害虫
通気性のよい場所で栽培すれば、
ほとんど問題はありません。

主に高温加湿による、灰色カビ病や、
立ち枯れ病のおそれがあります。

■参考
・西日に強い植物、花木の西日対策法
・夏の暑さに強い花たち

>>ペンタスの苗を見てみる


 カテゴリ
 タグ