go-yaD.jpg
ゴーヤ、1株から20〜30本収穫できる


ゴーヤの育て方前編はこちら↓
ゴーヤ、地植えの育て方1タネまきから追肥まで


ゴーヤニガウリ)の摘芯から収穫まで

・ゴーヤの摘芯
ゴーヤは、子ヅル、孫ヅルによく実をつけるので、
本葉5〜7枚のころに、親ヅルの先をハサミで摘芯します。

その後、子ヅルが伸びるので、
子ヅルの葉が5〜7枚のころに、
再びハサミで摘芯し、孫ヅルを出させます。

また、親ヅルを伸ばし、
そこから出る子ヅル、孫ヅルをなりゆきで育てる方法もあります。

どちらの方法でも、
1株で20〜30個のゴーヤが収穫できます。

狭い場所での無加温育苗苗は、
摘心したほうが結実が良くなります。

広い場所での加温育苗苗は、
なりゆきで栽培したほうが良い結果が出ます。

脇芽が出てきたり、下葉の元気がない場合は、
摘んで風通しをよくしてあげると元気に育ちます。

・誘引
茎がツル状になって伸び始めたら、
支柱に誘引して、固定しましょう。

・支柱、棚作り
支柱の先まで茎が伸びる前に、
1.5〜2.0の支柱で棚を作ります。
園芸ネットを利用しても良いです。

ゴーヤは、1m以上くらいの高さになると、
横に這わせたほうが、結実が良くなります。
棚の上に伸びてきたら固定する必要はありません。
棚から下がってきたツルは、棚に戻してあげます。

・追肥
7月の梅雨明け1週間前、8月と9月の中頃に、
化成肥料を1株ひとつかみくらい与えます。

樹勢が落ちて元気がないときは、
液肥を使うと効果的です。

8月中旬、実の曲がりがあるときは、
石灰を1株2分の1つかみ与えると治ります。


go-yax.jpg
ゴーヤチャンプル、家庭菜園だからの旨さ


・収穫
緑色のうちに収穫します。
収穫が遅れるとゴーヤは黄色になり、
そして、オレンジ色になりはじけます。
この赤い果肉も、甘くておいしいです。

・タネ採り
早くなったものを熟させて、採りましょう。
水洗いして乾燥させ、缶などに保管します。

■参考
・ゴーヤ、地植えの育て方1 タネまきから追肥まで
・ゴーヤのプランター栽培のコツ
・ゴーヤの雌花が咲かない結実しない原因は?写真つき
 カテゴリ
 タグ