teppoyuri (5).JPG
テッポウユリが元気に咲き出す6月


いよいよユリの見ごろのスタートです。
ユリは、6月には咲き出す品種がたくさんあります。


しかし入梅の季節には、害虫の発生が多くなります。
そして梅雨に晴れる日の日光は、
真夏と同じように強いので、ユリを守ってあげます。

テッポウユリ、ヒメユリ、タカサゴユリ、
トランペット・ハイブリッドなど、
アジアンティック・ハイブリッド系は、
6月には、開花時期を迎えます。

カサブランカなどオリエンタル・ハイブリッドは、
草丈を伸ばし、つぼみが見えてくる時期です。

ユリの葉と上根は、さらに活発に生長します。
地上部分の茎、葉も盛んに生育します。


yuri009.jpg
花姿も香りも上品で美しいカサブランカももうすぐ開花です


庭植え ユリ育て方 6月

・水やり
とくに必要ありません。
梅雨に入ったら、水やりは、
乾きすぎたときだけで大丈夫です。

・肥料
花後にお礼肥として緩効性肥料を与えます。
1株あたり10gくらいを株のまわりにばらまき、
1〜2cmほど耕し土と混ぜておきます。
上根を傷めないよう気をつけます。

緩効性肥料の錠剤でもだいじょうぶです。
翌年に良い球根を育てるために、
大切な施肥ですので忘れずに与えます。

・病害虫
咲き終わったユリは、子房ごと手で折ります。
ハサミを使うとウイルスの伝染があるので、
手で折り取ったほうが安心です。

カサブランカは、アブラムシに注意して、
オルトランなど薬剤を定期的にまきます。

斑葉病、灰色かび病の予防のためには、
通風を良くし、しっかり日に当てて育てます。
TPN水和剤なども効果があります。

・除草
株元の雑草は、まめに取り去り、
病気の原因になる泥はねを防ぐため、
稲わらや腐葉土などでマルチングします。
ユリを守り、見た目もきれいです。


yuri004.jpg
沖縄ユリ園


・支柱立て
カサブランカなど、
オリエンタル・ハイブリッドなどのユリは、
大きく重さがあります。
倒れないように支柱を立てます。

支柱を立てるときに球根を傷つけないように気をつけます。
根元から10cmくらい離して支柱を立て、
梱包紐やビニール紐で八の字に結わきます。

■参考
・ユリ 育て方 12ヶ月
・カサブランカ(ゆり、百合)の球根の植え方
・カサブランカの育て方
・鉄砲百合(てっぽうゆり・テッポウユリ)の育て方
・黒百合(クロユリ)の育て方、栽培方法
・スカシユリ アジアティックハイブリッドの育て方
・カノコユリ(鹿の子百合)の育て方
・ユリの球根の選び方

>>ユリの球根、苗を各種見てみる

*ユリがお好きな方、ユリ.netにもおいでください。

 カテゴリ
 タグ