itigobatake.jpg
イチゴ畑


6月、イチゴが生育しランナーを盛んに伸ばします。

6月中旬ころまでのランナーは、
まだ早いので摘み取ります。

また、花房も出てきますが、
早めに摘み取り、株を堅強に育てます。

5月に植えつけた親株は、
6月下旬くらいからのものを育てましょう。


ランナー選別

6月中旬ころまでのランナーは、
定植時期までの期間が長く、
花や実の付きにくい、老化苗になりやすいので、
親株の付け根から摘み取りましょう。

苗づくりのためには、
6月下旬以降に、発育した、
太くてがっしりしたランナーを選びます。


雑草取り除き中耕

イチゴの親株の近くには、雑草がよく育ちます。
親株の間やランナーの苗床は、
雑草を取り除きます。

さらに土表が硬くなっていると、
子株が根を張れませんので、
除草と同時に、中耕をしておくと安心です。


ポット苗育苗準備

プランター植えのイチゴの親株から、
子株を育てるときは、
直径9〜12cmのポリポットで子株を発根させます。

子株を用土に載せて、
ずれないよう針金をU字状にしたもので、
ランナーと株の付け根をとめておきます。

用土は、肥料分のない配合土、
赤玉土、ピートモス、腐葉土の配合や、
肥料の少ない培養土が良いです。

苗作りをスタートする6月下旬には、
用意をしておきましょう。

菜園の親株からも同じようにして、
プランター、鉢用の苗を育てることができます。

■参考
・イチゴの栽培 育て方 5月−1.収穫と親株の植え付け
・イチゴの栽培 育て方 5月−2.収穫株と親株の管理
・イチゴの栽培 育て方 4月−1.収穫株の管理、長雨対策
・イチゴの栽培 育て方 4月−2.育苗畑の準備
・イチゴの栽培 育て方 4月−3.親株の準備
・イチゴ 栽培 12ヶ月
・イチゴ(いちご・苺)の育て方
・イチゴ 品種 ランキング

>>イチゴの苗を各種見てみる

初心者のための果樹栽培|庭植え・鉢植えで大収穫
 カテゴリ
 タグ