ajisai3.jpg
アジサイ、ピンク系も華やか


6月に入り、温度が上昇し気候が良くなると、
アジサイの花が嬉しそうに咲き始めます。

新しい葉も、鮮やかに生長し、
アジサイを愛する人には、とても嬉しい季節です。

アジサイの6月の育て方、お手入れ方法をご紹介します。


kasiwabaajisai.jpg
カシワバアジサイ、根強い人気


アジサイ育て方栽培 6月

・置き場所
アジサイの鉢植えの場合、
じゅうぶんに日光の当たるところに置きましょう。
日光をたくさん浴びると、赤い花や濃い色の、
本来の美しさが出てきます。

室内で楽しむ場合も、しっかり色づいてから、
屋内に移動します。

・水やり
鉢植えは、表土の表が乾いたら、
たっぷり水をあげます。
アジサイは、葉から蒸発する水分が多いので、
鉢植えでは、とくに注意して水やりします。

梅雨には雨が降っているので、
水やりは不要と思うときが多いですが、
葉が茂っていて水が鉢に入ってないこともあります。
葉を持ち上げて、表土の状態を見てください。

・肥料
花が終わった株には、お礼肥をします。
固形肥料や緩効性化成肥料を少なめに、
月に1〜2回、与えましょう。


ajisainohiryo.jpg
赤系、青系ときれいに咲く、アジサイ専用肥料もあります。


・病害虫
アブラムシ、ハダニが発生する時期です。
殺虫剤を散布します。
害虫は葉裏を好むので、
葉裏にも殺虫剤をかけるのがコツです。

ハダニは殺ダニ剤を散布します。
コウモリガの幼虫が発生するので、
発見したら被害枝を取り除きます。

根株が弱っていると、病虫害に見舞われやすいので、
ふだんから、風通しが良い、日照や水やりも適切な、
株に仕立てるのが病害虫防御のコツです。

6月は、挿し木、とり木で、アジサイを増やせる季節です。
詳しくは下記をご覧ください
・アジサイの育て方 6月−1.挿し木、とり木、剪定を

■参考
・アジサイの育て方12ヶ月
・アジサイの苗や株の選び方|栽培を始めるかたに
・アジサイ(紫陽花)の育て方
・アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき
・アジサイの鉢植えを地植えにするコツ!
・アジサイ(紫陽花)に花が咲かない理由は?
・アジサイの花の色
・ツルアジサイの育て方
・フェアリーアイの育て方
・アナベル(山アジサイ)の育て方
・アナベル(山アジサイ)の挿し木方法
・エンドレスサマー 二季咲きアジサイの育て方

>>アジサイの苗を見てみる
 タグ