HydrangeAA.jpg
アジサイ、いよいよ開花♪


5月に入り、温暖な気候が安定してくると、
アジサイの花が次々と咲いてきます。

ガクウツギ系のアジサイが、
まず、咲き出します。

遅咲きのアジサイでも、
だんだんとつぼみが見え始めます。

5月、新しい葉も、大きく生長し、
アジサイファンには、とても楽しい季節です。 



yamaajisaiaa.jpg
山アジサイのはっとする美しさ


アジサイ育て方栽培 5月

・主な栽培作業
5月は、中旬から下旬の、開花を見守るだけで、
とくに必要な作業はありません。

枯れた枝や花の邪魔になる枝を剪定するていどでよいです。

・市販のアジサイの花後の管理
園芸店、通販では、花つきの株が販売されます。
その花が終わったら、
花後の軽い剪定をして、
植え替え、植え付けをしておきます。
早く作業したほうが、株の負担が減り、
その後の生育や花つきが良くなります。

・主な栽培管理
水やりに気をつける程度でかまいません。
家庭で育てているアジサイは、
剪定、移植、植え替えはまだしません。


sasiki20(6).jpg
お気に入りのアジサイを挿し木で増やせます


・挿し木
5月は挿し木のできる季節です。
気に入った品種を挿し木で増やしましょう。
>>アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき

・置き場所
アジサイの鉢植えの場合、
じゅうぶんに日光の当たるところに置きます。
日をたくさん浴びると、花つきが良くなり、
花の色もきれいに出ます。

・水やり
鉢植えは、表土の表が乾いたら、
たっぷり水をあげます。
新しい葉や花が次々と出ている時期は、水が必要です。
水切れに注意してください。

鉢に水が入るよう気をつけて水やりします。
先の細いジョウロなども使ってで、株元にしっかり与えましょう。


ajisai.jpg
マジカルレボリューションブルー、水色で秋色アジサイにも使えます


・肥料
不要です。
ただし、花が終わった株には、
固形肥料や緩効性化成肥料を規定量与えましょう。

植え付け、植え替えをした株は、
根が肥料に負けないように、
作業後10日くらいの根株が落ち着いたころに与えます。

・病害虫
アブラムシ、ハダニを発見したら、
殺虫剤をまいてください。
害虫は葉裏を好むので、
葉裏にも薬液をかけるのがポイントです。

根株が弱っていると、病虫害にあいやすいので、
日ごろから、風通しが良い、水やりも適切な、
株に仕立てるのが病害虫防御のコツです。
*詳しいアジサイの育て方はこちらです。
>>アジサイの育て方.net

■参考
◎アジサイの育て方12ヶ月
・アジサイの苗や株の選び方|栽培を始めるかたに
・アジサイ(紫陽花)の育て方
・アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき
・アジサイの鉢植えを地植えにするコツ!
・アジサイ(紫陽花)に花が咲かない理由は?
・アジサイの花の色
・ツルアジサイの育て方
・フェアリーアイの育て方
・アナベル(山アジサイ)の育て方
・アナベル(山アジサイ)の挿し木方法
・エンドレスサマー 二季咲きアジサイの育て方

>>アジサイの苗を見てみる
 タグ