itigopuranta300.jpg
イチゴ、いよいよ収穫のシーズンに


itigo hatiue300.jpg
イチゴは鉢でも元気に育つ


4月、家庭菜園、プランター、鉢のイチゴたちは、
開花し続け、果実も生長してきます。
菜園で栽培しているイチゴは、
敷きわらをして果実を保護します。
開花した花は、ミツバチ、虫などが来ない場合は、
人工授粉するのが良いでしょう。

プランターや鉢栽培では、
日当たりの良い場所で、
じゅうぶんに水を与えます。

次の年の苗づくりのための、
苗床の準備も始めましょう。


収穫株管理

菜園で栽培しているイチゴが開花したら、
株のもとから花の先の下まで、
広めに敷きわらをして果実を保護します。
プランターや鉢などを、
日当たりの良い場所でじゅうぶんに水を与えます。


人口受粉

イチゴは、雄しべと雌しべが離れて付いているので、
確実に受粉するには、人為的な受粉をします。

晴天の午前中に、
柔らかい筆や受粉器具で、
雄しべと雌しべの上を、
何回かなでて受粉します。


長雨対策

イチゴの花や果実は水分には弱く、
長雨が続くと、受粉ができなかったり、
実が腐ることがあります。

この対策としては、鉢、プランターを移動する、
畑には透明ビニールなどで雨よけすることです。


itigo nae250.jpg
イチゴ苗、じょうぶな苗を選ぼう


苗用親株の取り扱い

購入した花つきポット苗は、
畑、プランター、鉢の用土の準備が整うまで、
日当たりの良い場所で管理します。

畑などから掘り取った苗は、
根が乾燥したり傷んだりしないよう、
庭の隅などに仮り植えしておきましょう。

どちらも、1〜2日に1度、水やりし、
花房が伸びてきたら、
芽を傷つけないようにして、
早めに花房を摘み取ってください。

*イチゴの親株床の作り方準備は、
・イチゴの栽培 育て方 4月−2.育苗畑の準備
・イチゴの栽培 育て方 4月−3.親株の準備

■参考
・イチゴの栽培 育て方 5月−1.収穫と親株の植え付け
・イチゴの栽培 育て方 5月−2.収穫株と親株の管理
・イチゴ 栽培 12ヶ月
・イチゴ(いちご・苺)の育て方
・イチゴ 品種 ランキング

>>イチゴの苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ