tomato syukaku300.jpg
ミニトマト、美味で収穫が長く楽しめる


aburamusi.jpg
アブラムシ、見つけたら捕獲


ミニトマト病虫害対策

連作障害を避けるため、ウィルス病の防除に、
ナス科の植物のナス、ピーマン、ジャガイモなどは、
連作しないようにします。

ミニトマトは、比較的病気が出にくいですが、
植え付け、定植直後に予防消毒をします。
自然系のニーム、木酢液などを使っても良いです。

その後は、木全体の消毒はせず、
ダニやハエ、病気が出始めた葉などを、
早めに取り除きましょう。

梅雨時に病気が発生しやすいので、
下葉を整理し、脇芽をとって、
風通しを良くすると、病気になりにくいです。

また、窒素肥料が多いと、
茎葉が茂りすぎて風通しが悪くなり、
病虫害の発生が増えるので、
適量を守りましょう。

また、アブラムシが媒介する、
ウィルス病などの被害が出ることがあります。

アブラムシを見つけたら、
テープなどで除去しましょう。
牛乳スプレーも効果があります。


ミニトマト鳥害対策

実が熟してきた頃、
ムクドリやヒヨドリに狙われます。

実を採られないように、
光を通す不織り布のネットで、
トマトの木をすっぽり覆い、
予防します。

■参考
・ミニトマトの育て方 栽培1 これだけで大収穫&美味♪
・トマトの苗の選び方|おいしい果実をいっぱい収穫
・トマトの花が落ちる理由は?
・トマトの実が割れる理由と対策は?
・トマトのひび割れの原因と対策

>>ミニトマトの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ