Casablanca300new.jpg
カサブランカが咲き出すと良い香りが


3月、まだ霜や雪に見舞われる地域もあります。
ユリの球根は、発芽してきますので、
芽を傷めないよう注意しましょう。

芽を傷めてしまうと、
その後の発育が極端に悪くなります。
天候や気温の変化に気をつけて、
対策してください。

ビニールハウスでの栽培では、
鉢やプランターの中が乾燥気味になるので、
2〜3日に1回軽く水を与えます。

3月になると病害虫が、
発生しやすくなります。

アブラムシ、ヨトウムシ、ナメクジに、注意し、
月に1度、殺虫剤をまいてください。


himesayuri.jpg
ヒメサユリ、可憐で美しい


庭植え ユリ育て方 3月

・水やり
とくに必要ありません。

乾燥が続くようでしたら、
暖かい日の午前中に、
汲み置いた水を、
じゅうぶん与えてください。

・肥料
ユリの芽が発芽すると、
土中では、上方の根が伸びてきます。
球根を育て良い花を咲かせるために、
追肥をしましょう。

緩効性化成肥料を、
1株につき10グラム程度、
株のまわりに与えてください。

・球根の植え付け
もう遅いので来年植え付けます。

・球根の植え替え
植え替えには遅いので、
来年、植え替えます。

・新芽の手入れ
ユリの新芽は、寒さや霜で枯死すると、
それ以上生長できません。

寒さの心配がある時期は、
芽の周囲に腐葉土やワラを敷くと安心です。
温度を維持するホットキャップも便利です。

ホットキャップを自作する場合は、
針金で骨組みを作って、
不織り布で覆います。

4月、暖かい季節には、
蒸れないように外しましょう。


■鉢・プランター植え ユリの育て方 3月

・置き場所
新しい芽が出てくるので、
日陰の鉢などは、日当たりに置きます。
半日陰の場所でも、育ちます。

カサブランカなど、
オリエンタル・ハイブリッド系、ヤマユリでは、
半日陰が好ましいです。
暖房の効いた室内は苦手です。

・鉢回し
ユリの芽は光に向かって伸びますので、
茎が曲がらないように、
数日に1回、鉢を回してあげます。

・水やり
鉢土の表面が白く乾いたら、
たっぷり水やりします。
寒い時期は、暖かい日の午前中に、
汲み置いた水で水やりします。

庭に埋め込んである鉢の、
水やりは、基本的に不要です。

・肥料
発芽しはじめたユリには、
液体肥料を、2週間に1度与えます。

■参考
・ユリ 育て方 12ヶ月
・カサブランカ(ゆり、百合)の球根の植え方
・カサブランカの育て方
・鉄砲百合(てっぽうゆり・テッポウユリ)の育て方
・黒百合(クロユリ)の育て方、栽培方法
・スカシユリ アジアティックハイブリッドの育て方
・カノコユリ(鹿の子百合)の育て方
・ユリの球根の選び方

>>ユリの球根、苗を各種見てみる

 カテゴリ
 タグ