スポンサードリンク

2011年02月07日

ジャガイモの種類と特徴 写真入り1

日本では、男爵薯とメークイン、
この2つの品種が多く栽培されています。

北海道が最大量の生産地で、
晩夏から秋に収穫されます。

長崎県では冬に植え付けて春に市場に出されます。
現在、82種類が品種登録されているとのことです。


dannsyakuimo.jpg
男爵薯(ダンシャクイモ)

根強い人気の定番生食用品種です。
明治時代に川田龍吉(かわだりょうきち)が、
イギリスから持ち帰ったいう説と、
米国からとする説もあります。

デンプン質が強くほくほく感が美味ですが、
煮込むと煮くずれしやすいです。
粉吹きイモ、コロッケなどに最適です。
凹凸のある形で皮をむきにくいとも言われます。


me-kuin.jpg
メークイン

細長い形の人気品種です。
生食用品種で大正時代にイギリスから伝わりました。
メークインは、年を越すくらいまで、
熟成させると黄色くなり、
甘みと旨みが出て格別おいしいです。

男爵薯よりもねばりがあり、煮くずれしにくいので、
カレー、シチュー、肉じゃがなどに向いています。
凸凹も少なく、皮はむきやすく好評です。
日本でとくに人気があるジャガイモです。


kitaakari.jpg
キタアカリ

生食用品種。
男爵薯とツニカ(ドイツ品種)を高配して、
品種改良したジャガイモです。
カロテンやビタミンCを多く含んでいます。
黄色が強めで、火の通りが早く、
どのような料理にも扱いやすい品種です。

・ジャガイモの種類と特徴 写真入り1
インカのめざめ、レッドムーンなどジャガイモ9品種はこちら


■参考
もっと詳しく↓ ↓ ↓
・ジャガイモの育て方 栽培方法 家庭菜園で大収穫
・ジャガイモの種類と特徴 写真入り2
・ジャガイモ プランター栽培で大きく育てるコツ
・ジャガイモの土作り 大収穫でおいしい!

>>ジャガイモのタネイモを各種見てみる
スポンサードリンク
タグ:ジャガイモ
posted by you at 18:06 | 野菜