kamonasu300.jpg
加茂ナス(かもなす)
夏の京野菜の主役、京都北山周辺で作られている。
味、形のよい丸なすで、煮崩れしにくく上質な口あたり。
皮は柔らかく、焼きナス、煮物、田楽など美味。


sisigatanikabotya300.jpg
鹿ケ谷カボチャ(ししがたにかぼちゃ)
津軽から持ち帰られた京都北西の鹿ケ谷の特産カボチャ。
表皮はでこぼこで、ひょうたんに似た珍しい形。
品の良い甘味は煮物として美味、古き懐かしい逸品。

    
■京野菜とは?

京都の伝統野菜とブランド京野菜のことをいいます。
京都の伝統野菜は41品目、
ブランド京野菜は21品目あり、
重複を含めて総数43品目あるということです。

京野菜は、京都府内で育てられた野菜のことですが、
ほとんどが京都で明治以前から育てられ、
品種改良され生産され続けられている、
伝統ある野菜たちです。

野菜にタケノコは含まれますが、
キノコ類は除外されています。

精進料理、京料理の素材としても大切にされ、
一般の野菜より、栄養面で高いものが多く、
味わいも深く再評価されています。

育て方も、比較的やさしく、
家庭菜園で育てる方が、増えています。


■京野菜の一覧

ダイコン類 聖護院、辛味、青味、時無、桃山、茎、佐波賀
カブ類 佐波賀、松ヶ崎浮菜、聖護院、大内、舞鶴
葉野菜類 酸茎菜(スグキナ)、水菜、
     壬生菜(ミブナ)、畑菜、鶯菜、花菜
ナス類 賀茂、京山科、もぎなす
トウガラシ類 伏見、田中、山科、万願寺、鷹峯
根菜類 海老芋(サトイモ)、クワイ、堀川牛蒡(ゴボウ)
その他 京芹(セリ)、京独活(ウド)、ジュンサイ、九条葱、柊野ささげ、
     桂瓜(ウリ)、京筍(タケノコ)、鹿ヶ谷南瓜(カボチャ)、京茗荷(ミョウガ)、
絶滅品種 郡大根、東寺蕪(カブ)、聖護院胡瓜

>>京野菜の苗と育て方を見てみる
 カテゴリ
 タグ