itigomaruti300.jpg
黒色ポリフィルムマルチで、イチゴの苗も元気良く!


家庭菜園やコンテナ、鉢のイチゴは、
寒さに耐えながら休眠してきました。

2月の4日、立春となり寒さが和らぐと、
イチゴたちは、休眠から目覚めます。

春から元気に育つような、良い環境を作り、
2月から発生しやすい病害虫の防除にも、
配慮した育て方をご紹介します。



マルチング作業

春からじゅうぶん生育できるように、
また地温が下がったり土が乾くのを防ぐため、
マルチング作業をします。

マルチングをすると、
果実の汚れもすくなくなります。


マルチング作業の手順

市販の黒色ポリフィルムマルチが、
透明マルチと比べて、雑草も生えにくく、
病気の発生も防ぐのでお勧めです。 


幅135p以上くらいのものを、
畝全体に被うようにかぶせます。

株のある場所を確かめて、
カッターや指で小さめに穴をあけて、
苗をすべてフィルムの上にもちあげます。

フィルムの周囲は、土や石などで固定し、
畝の上にも、数箇所重しを置きます。

コンテナの場合は、
フィルムで被ってから、
周囲をひもで、しっかり縛ります。

いずれもマルチが、
ピンと張った状態であるのが理想的です。

フィルムのマルチができない場合は、
稲わらを敷いたり、腐葉土、バークチップなどを、
用いても良いです。



itigo.jpg
甘くて美味しいイチゴを育てるには、栽培管理が大切です


イチゴ栽培管理

・水やり
家庭菜園では、畝が白くならないよう、
水やりをします。

マルチングした後は、
穴から、株に水をかけないよう、
根元に水やりします。

コンテナ、鉢では、表土が乾いたらたっぷりと、
根元に水やりしてください。

水やりは、午前中の温かい時間に、
汲み置いた水で与えると、
根や株に悪影響を与えません。 


・追肥
1月に1回程度、
家庭菜園では、緩効性化成肥料を、
1uあたり30gくらい与えます。
コンテナ、鉢では、緩効性化成肥料を、
1株につき2gくらい与えます。

・枯葉を除く
マルチ後、古い枯れた葉などを、
きれいに取り除きます。

・病虫害
2月になると、病虫害が発生しやすいです。
うどんこ病、灰色かび病、アブラムシに、
注意して日々観察してください。


農薬を散布するか、ニーム、木酢液で、
防除します。

・イチゴ 栽培 12ヶ月

>>イチゴの苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ