siroiyuri300.jpg
ユリの香りと妖艶な姿も、もうすぐ


2月の厳寒のなか、ユリの球根は、
発芽の準備を始めています。
テッポウユリ、カノコユリなどは、
発芽しだす季節です。

2月は、オリエンタル・ハイブリッド種の、
球根の植え付けが、どうにかできる季節です。

安く販売されていることがあるので、
早めに購入して植え付けましょう。

10℃以下の低温に1.5ヶ月以上当たっていれば、
鉢を暖かい部屋に移動して、
ユリの開花を早くすることができます。

2月のユリの育て方を、ご紹介していきます。 


庭植え ユリ育て方 2月

・水やり
乾燥が続くようでしたら、
暖かい日の午前中に、
汲み置いた水を、たっぷり与えてください。

・肥料
必要ありません。

・球根の植え付け
6〜7月に開花するユリの球根、
オリエンタル・ハイブリッド種の、
球根の植え付けが、まだできる季節です。
球根は、早めに植え付けましょう。

・球根の植え替え
植え替えには遅いので、
来年、植え替えます。

・マルチング
先月のまま、
球根が植えられている地表部を、
ワラや腐葉土で覆います。
冬の乾燥、霜と寒さを防ぎます。


teppoyuri (5).JPG
もうすでに開花の準備を始めているユリもいます。


■鉢・プランター植え ユリの育て方 2月

・置き場所
風通しの良い日当たりに置きます。
半日陰の場所でも、育ちます。
暖房の効いた室内は苦手です。

・防寒
先月と同様、
凍ったり霜が降りるほどの寒さの場合には、
半日陰の場所に鉢の縁まで埋めておきます。
こうすると、保温効果があり水やりの必要がありません。

鉢を二重鉢にしたり、
底に穴をあけたトロ箱に入れたり、
して防寒してあげましょう。

水ゴケや腐葉土を敷くのも良いです。

・水やり
鉢土の表面が白く乾いたらたっぷり水やりします。
暖かい日の午前中に、汲み置いた水で水やりします。

庭に埋め込んである鉢の、
水やりは、基本的に不要です。

・肥料
発芽しはじめたテッポウユリなどには、
緩効性肥料を置き肥とするか、
液体肥料を、2週間に1度与えます。

・ユリの促成栽培
球根が10℃以下の低温に、
1.5ヶ月以上当たっていれば、
鉢を暖かい室内に移動すれば、
ユリの花が早く咲きます。

■参考
・カサブランカ(ゆり、百合)の球根の植え方
・カサブランカの育て方
・鉄砲百合(てっぽうゆり・テッポウユリ)の育て方
・黒百合(クロユリ)の育て方、栽培方法
・スカシユリ アジアティックハイブリッドの育て方
・カノコユリ(鹿の子百合)の育て方
・ユリの球根の選び方

>>ユリの球根、苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ