kasiwabaajisai.jpg
カシワバアジサイ、清楚で梅雨時に映える


tamaajisai.jpg
タマアジサイ、つぼみが丸くて愛らしい


アジサイの代表的な増やし方、挿し木は、
ほかの植物に比べて、容易ですが、
発根しにくい品種がいくつか見られます。

タマアジサイ、カシワバアジサイなどが、
一般的な挿し木では増やしにくいです。

このタマアジサイ、カシワバアジサイなどの品種では、
1月下旬から2月いっぱいに、
休眠枝挿し(きゅうみんしざし)をすると、
活着が良くなります。


アジサイ休眠枝挿し 挿し木方法

1月下旬から2月いっぱいに、
前年に伸びた枝に2芽をつけて枝を切ります。

切ってすぐ挿すのであれば水揚げは、不要です。
時間を置く場合は、1時間ほど水につけておきます。

用土は赤玉土小粒、鹿沼土、バーミキュライトの、
いずれかを単用します。

発根促進剤は、なくてもだいじょうぶです。
挿し穂の先端を傷めないように、
前もって箸などで穴をあけたところに、
枝を垂直に2cmくらいに深さに挿します。

挿し穂の間隔は3cmくらいで、
鉢の周囲に挿していきます。
この手順は、一般の挿し木と同様です。
・アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき

挿したら、じゅうぶんに水やりしてください。
日当たりの良い軒下や、無加温の部屋で管理します。

凍ったり乾かさないように管理すると、
3ヶ月くらいで発根します。
6月くらいにつぼみをもちますので、
鉢上げしましょう。
・アジサイ 冬の管理と防寒対策
 カテゴリ
 タグ