ajisai yuki300.jpg
雪とアジサイ


ajisaisinnme300.jpg
アジサイも、もうすぐ芽吹きだす


12月〜1月、アジサイは厳寒期のなか、
新しい芽をつけています。

1年でいちばん寒い季節に入り、
寒さに強いアジサイも、ダメージを受けやすいです。

アジサイは、乾燥した寒風に当たると枯れたり、
枝が傷んだり、花芽が枯死してしまいます。


防寒対策

・地植えの場合
雪が多い地方では、比較的育ちやすいのですが、
乾燥する地域では、防風ネットや防風林など、
寒風を防ぐ対策をしましょう。

地植えの水やりは、ほとんど必要ありません。

・鉢植えの場合
寒風の当たらない軒下などに移動します。
日光は、当たらない場所でも、だいじょうぶです。

エゾアジサイなど、品種によっては、
乾燥にとても弱いアジサイがあります。
鉢植えの場合は、乾燥しすぎないように、
水やりに注意してください。


寒肥

発酵油かすの固形肥料か、
油かすに骨粉を3割程度混ぜたものを与えます。
5号鉢で10〜15g、
庭植えで5年くらいの木に100gくらいを与えます。


植え付け植え替え

関東より西の地域では、行えます。
株分けも、できる状態です。
寒冷地域では、春に行うのが安心です。


■参考
・アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき
・アジサイの鉢植えを地植えにするコツ!
・アジサイ(紫陽花)に花が咲かない理由は?
・アジサイの花の色
・ツルアジサイの育て方
・フェアリーアイの育て方
・アナベル(山アジサイ)の育て方
・アナベル(山アジサイ)の挿し木方法
・エンドレスサマー 二季咲きアジサイの育て方
・アジサイ(紫陽花)の育て方

>>アジサイの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ