issaizakuramain300.jpg
一才桜 旭山桜、毎年たくさんの花をつける


issaizakuraA.jpg
一才桜 旭山桜の愛らしい八重の花


sakuramebuki.jpg
芽吹きも力強い


一才桜 旭山桜は、バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木です。
サトザクラ系サクラで、淡い八重の花を多くつけます。
育て方は、とても易しいので、ポイントをご紹介していきます。


一才桜 旭山桜は、小さな木でも、
毎年たいへん見事な八重の桜を咲かせてくれます。
淡紅色の美しい色で、部屋に飾っても際立つ荘厳さです。

大人気の一才桜 旭山桜は、4月に樹一面に花をつけます。
あまり大きくならない扱いやすい樹で、
盆栽や鉢植えに適した品種です。

一才桜の丈は、30〜40センチくらいで、
生産者が卓越した方法で作り上げた植物で、
コンパクトに育成でき、室内室外で鑑賞できます。

ガーデンのポイントに置いたり、
玄関先に飾ってもステキです。

我が家では、3年前一才桜が家に届いたとき、
丸裸の苗木にぽつぽつ花芽らしいものがあり、
ほんとうに桜の花が咲くのか心配でした。
しかし、けなげに美しい花を毎年咲かせてくれます。


sakuramebukiB.jpg
一才桜 旭山桜、ふくらみ始めたつぼみ


issaizakuraB.jpg
花後の緑も美しい


一才桜 旭山桜育て方


一才桜の育て方は、容易です。
水やりを忘れなければ、
八重の大き目の花をたくさんつけてくれます。

・置き場所
一才桜は、春、秋は、日当たりと風通しの良い屋外で育てます。
夏は西日を避け、半日陰に置くと元気です。
花芽をつけさせるには、ほどよい日光に当てることが必要です。

冬も室外の陽だまりに置いてください。
強風を避け、敷きワラや腐葉土で、
霜除けをすると良いでしょう。

室内で鑑賞したいときは、
春、秋は2〜3日程度にして室外に戻すと良いです。

・水やり
一才桜は、水を好みます。
土が乾いたら鉢底から水が流れるよう、
じゅうぶんに与えてください。

また開花時の水切れに注意してください。
春から秋は1日に1〜2回の水やりをします。

・肥料
一才桜の肥料は、有機性肥料、
または盆栽用固形肥料を年3〜4回、
花後、5月、9月くらいに与えてください。

・花がら摘み
咲き終わった花は、こまめに取り除きます。
花がら摘みをすると新しい花がつきやすくなり、
病気や害虫も発生しにくいです。
傷んだ葉や枯葉も、とりましょう。

・剪定
剪定は、新梢は伸ばしておき、
花後に長い枝を剪定しておきましょう。

枝の伸びが止まったものは数節を残して剪定します。
根元や枝元に芽(やご)が出たら取り除きます。
このように「やご芽」を取るとりっぱな花が咲きます。

・植え替え
11月、もしくは芽が動く前の3月に植え替えます。
根がよく張るので、2年に1回くらいは行ないます。
コンパクトに育てたい場合は、
根を少し切り詰めて、植え替えをします。

・病害虫
風通しが良く日光のあたる場所では、
ほとんどありません。
まれに害虫がつくので、取り除いてください。

■参考
・一才桜 枯れる理由は?
・サクラの木の育て方
・サクラの木の剪定 図解
・サクラ(桜)の挿し木 方法

>>一才桜を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ