seri jisei300.jpg
セリの自生種


seri hana.jpg
セリの花


セリ(芹)は、セリ科の多年草です。
シロネグサ(白根草)とも呼ばれ、
山や谷の湿地や田のあぜ道など生育する野草です。

谷や川に生える立性の水セリと、
田んぼ生える匍匐性の田セリとに分けられます。

葉は菱形で全体的に美しい緑色で、
とくに田セリは、冬には赤く色づきます。
花期は、夏から秋で、茎を伸ばした先端に、
傘状に小さな花をつけます。

芹(せり) なづな 御行(ごんぎょう) はこべら 
仏座(ほとけのざ) すずな すずしろ 
これぞ七種(ななくさ) 河海抄


と言われるように、春の七草のひとつで、
独特のさわやかな香りを持ち、
現在ではスーパーなどでも人気の野菜です。

注意したいのは、野外で採る場合、
ドクゼリと間違えやすいので、
土地の人に確認して採取してください。



seri pot.jpg
セリのポット苗


セリ(芹)の育て方 栽培方法

日当たりの良い場所、
あるいは半日陰の湿った土地がのぞましいです。

発芽率は、やや悪いですが、
耐寒性があり、強く育てやすい山菜です。

暑さと乾燥が苦手ですので、
夏場には、よしずなどで日除けをすると、
元気に育ちます。

水やりをじゅうぶん行うことができれば、
屋内のプランターや鉢でも、育てられます。

病虫害では、
アブラムシがつくことがあるので、
発生したら早期除去してください。

収穫は、株ごと抜き取っても良く、
根元を残して摘み取れば、
次の若い芽が伸びてきます。

>>セリの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ