hanakanzasiB.jpg
ハナカンザシ、つぼみから開花の色が美しい


hanakanzasiA.jpg
ハナカンザシ、つぼみのふくらむようす


ハナカンザシ(ヘリクリサム:Rhodanthe chlorocephala ssp. rosea)は、
キク科の一年草です。

3〜7月が、自然の開花期ですが、
人気が出て、年末から開花苗が販売されています。

ハナカンザシは、愛らしい丸い形をした、
ピンクから赤っぽいつぼみをつけ、
白い花を枝の先に開花させます。

株元から多くの枝を伸ばし美しい姿となります。
小ぶりな葉もチャーミングで、
最近では鉢花、寄せ植え、コンテナにも使われます。
乾燥には強いですが、雨や強い寒さは苦手です。


hanakanzasi2.jpg
ハナカンザシの花、芸術品のようです


hanakanzasi.jpg
ハナカンザシのつぼみは本当愛らしいです


ハナカンザシヘリクリサム)の育て方

・置き場所
冬は日当たりの良い雨の当たらない場所で、
夏は風通しの良い、涼しい半日陰で栽培します。

・水やり
鉢土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
やや乾燥気味に管理してください。
花には水をかけないように、株元に水やりします。

・用土
腐葉土を2〜3割り入れた水はけのよい土が望ましいです。

・肥料
肥料は控えめに与えます。
植え替え時に緩効性肥料を少量与えます。

・花がら摘み
花後に花を摘んであげると、
脇芽が出てきて、次々に花が咲きます。

・剪定
株に元気がなくなって形が悪くなったら、
地面から10〜15cmで切り戻し剪定をしてください。
切り戻しをすると風通しも良くなり、
脇芽が生えて、花数が増え開花しやすくなります。

>>ハナカンザシの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ