hakusai.jpg
ハクサイがようやく巻いてきました


1月は冬本番の寒風と霜が降ります。
新しい年に、作物に感謝し、計画的な菜園準備をしておくと、
充実した家庭菜園が楽しめます。

*青いリンクから育て方詳細を見られます。

菜園を簡単に図案化してメモをとり、
連作しないよう、輪作の計画を立てておくと便利です。 


プランターを使っている方は、連作の危険がないように、
土を再生利用するよう順次入れ替えます。


年間栽培準備

菜園作業が少ないこの1月のこの時期に、
何を植えるか計画を立てておきましょう。
連作が起きないように、
スペースを分割して、メモしておき、
土作りを始めましょう。

ナストマトピーマンなどを、
トンネル栽培する場合は、
2月上旬からタネまきができます。
温度が低い時期ですので、
育苗器を利用してみましょう。


ninjin.jpg
間引いたニンジンも美味!


1月から栽培できる野菜

カブダイコンニンジン
ホウレンソウベビーリーフ類は、
タネまきができます。


baby-leaf (2).jpg
ベビーリーフもこんなに元気(ビーサラダミックス種が便利、2015.01.06撮影)


タネをまいたら、
不織布やトンネル用ビニールを使い、
ていねいに防寒してください。
発芽まで、やや時間がかかり、
4〜5月の収穫になります。

部屋の窓際で、10〜15℃以上の温度があれば、
パセリ、オレガノ、ミントルッコラ
ミツバワサビなどのハーブが育てられます。
>>ハーブ寄せ植え 冬


tonjiru.jpg
家庭菜園産の野菜たちで豚汁!


栽培管理

エンドウソラマメは、防寒・暴風のために、
マルチをして、北側にササやタケを立てると良いです。

プランター栽培の場合には、
支柱立を立てて株元にワラや腐葉土をまきます。


haninniku.jpg
葉ニンニク、美味しい時期です


イチゴの枯葉は取り除き、
畑や用土が乾いたら水やりします。

霜柱が立ち、株が浮きそうな場合、
株間の地面に粗めの堆肥や培養土を敷きます。

タマネギ、エンドウ、ホウレンソウが、
霜柱で浮いたら、根元を軽く踏みつけ、
浮きを抑えます。

雑草は、この寒い時期に除草すると、
春に拡がらず栽培がうまくいきます。


Broccoli.jpg
ブロッコリー、寒さに当たると甘くておいしい!


1月収穫

ブロッコリーカリフラワーメキャベツの、
味に深みが出て、収穫が続きます。

コマツナ、ホウレンソウ、シュンギク長ネギなどは、
1〜2月ころに、本格的に収穫できます。
寒さに当たっているので、
たいへん甘みがありおいしいです。

ダイコン、ニンジンも収穫時期です。
収穫後の葉や茎は、病害虫の温床となるので、
放置せずに、きれいに片付けます。

畑がある場合は、1mくらいの穴を掘り、
踏みつけて土を盛っていくと、
土に返って行きます。


腐葉土堆肥作り

おいしい野菜を作るには、良い土作りが基本です。

冬は畑もプランターも空き気味で、
農園作業に時間をとられないので、
自家製の腐葉土、堆肥を作るのに絶好です。

下記に簡単にできる腐葉土、堆肥の作り方をご紹介しました。

■腐葉土、堆肥の簡単な作り方
・腐葉土の作り方−狭い場所で落ち葉を利用
・生ごみ堆肥の簡単な作り方、方法


itigonohanaxx300.jpg
イチゴ、愛らしい花が美味になる

■参考
・家庭菜園作業12ヶ月 目次

(2015.1.6改定)