hatukoisou300.jpg
初恋草は、色彩が豊かです


hatukoisou3.jpg
初恋草、レッド


初恋草、レシュノルティア(レケナウルティア)は、
クサトベラ科レケナウルティア属の、
オーストラリア原産の多年性低木です。

花は1〜2cmの直径で花びらは5枚、
花色が、豊富で、黄色、オレンジ、赤、白、青など、
パステル調の色も多いです。

寒さや雨に強く育てやすいので、
冬のガーデニングに適した植物です。


hatukoisou2-300.jpg
初恋草のブルー系統もきれいです


初恋草レシュノルティア)の育て方

・置き場所
日光をたいへん好みます。
よく日の当たる場所で栽培します。

日光不足だと、花色が薄くなったり、
つぼみが咲かない原因となりやすいです。

耐寒性が強く、関東以西でも戸外で越冬できますが、
霜に当たる場合は、軒下や室内に移動してください。

・水やり
土の表面が完全に乾いたら、たっぷり与えます。
冬などの気温が低い季節は、
天気の良い日の午前中に与えます。

・肥料
秋と春に、緩効性の固形肥料を与えます。
冬は、2週間に1度液肥を与えましょう。

・花がら摘み
初恋草は、花が終わると花がらを自分で落とします。
花がらをきれいに取るようにすると、
次々と花を咲かせてくれます。
さらに灰色カビ病の予防ともなります。

・日照時間
初恋草は、日照時間が短くなると、
花芽を付ける植物(短日性植物)です。

夜に照明の明るい室内では新しい花芽がつきません。
室内で管理している場合、花が少なくなったら、
夜間照明のない所に移動してみましょう。

・植え替え
鉢の中が根詰まりしたら、一回り大きな鉢に植え替えます。
水はけの良い新しい用土で植え替え、
伸びた枝を切っておきましょう。
春の植え替えが、根を張らせやすいのでお勧めです。
 
・増やし方
挿し木と子株から増やせます。
挿し木の適期は6月か9月です。

>>初恋草の苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ