Heuchera1.jpg Heuchera2.jpg

Heuchera4.jpg Heuchera5.jpg

Heuchera6.jpg Heucherax.jpg
ヒューケラのカラー展開、模様もさまざまで楽しめる
C)アグレ


ヒューケラ(Heuchera)は、
ユキノシタ科ツボサンゴ属の耐寒性宿根草で、
北アメリカ、メキシコが原産です。

葉のカラーが豊富で、葉がに密生して茂り、
寄せ植えなどに、映える人気の植物です。

常緑性で冬でも美しい色を保ち、
日陰でもじょうぶに元気に育ちます。

ツボサンゴなど園芸品種には、
愛らしい花を咲かせる種が多く、
寄せ植えやコンテナを美しく彩ります。

ヒューケラの葉色は、緑、赤、オレンジ、黄、赤紫、
そしてシルバーや斑入りのものまで、
40種類以上あり多彩です。


ヒューケラ育て方

・植え場所、置き場所 
耐寒性が強く耐暑性はやや弱いです。
夏の直射日光で葉焼けする品種もありますので、
夏は日陰になる場所が適しています。

ヒューケラのなかでも斑入りや淡い色のものは、
とくに葉焼けに注意してください。

夏はとくに、水はけが良く、
風通しの良い場所を好みます。

・水やり   
用土が乾いたら、たっぷりと水を与えます。
多湿が苦手ですので、多湿な夏の時期は、
少し水を控えるようして管理します。

挿し芽などで小苗を植え付けた場合は、
根が張るまでは乾かさないようにします。

・用土 
庭植えでは、水はけをよくするために、
腐葉土をよくすきこんでおきます。

鉢植えは、一般の培養土に、
腐葉土を1〜2割程度混ぜると良いです。

・肥料   
春と秋に、化成肥料を株の周囲に与えます。
あるいは、月に3回ほど液体肥料を与えましょう。

夏の暑い時期には、根腐れの原因となる、
肥料分が残らないよう注意します。

・管理 
茎が立ち上がってきた株には、
バークチップや腐葉土を敷くと、
新しい根が伸び株が元気を取り戻します。

・植え替え   
鉢植えは1〜2年ごとに、植え替えます。
庭植えでは、混んだり元気がなくなってきたら、
3〜6年ごとに、株分けや植え替えをします。

・増やし方   
春か秋の株分けか挿し芽で増やします。
タネから増やせる品種もありますので、
試みてください。

・病気と害虫
病気は、とくにありません。
害虫は、アブラムシ、カイガラムシ、
ナメクジなどに注意します。

>>ヒューケラーの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ