ninnikujyoyu.jpg


ニンニクの保存方法、生のままの保存のほか、
冷蔵、冷凍したり、醤油や味噌、酒に漬け込む方法まで、
いろいろとありますので、ご紹介していきます。


■そのまま保存

温度が、−3℃、湿度が70%くらいの、
やや通気性のある冷暗所が最適とされます。

東北以北の寒い地域では、冷蔵庫ではなくても、
秋は、保存できます。
10月以降は、発芽する可能性もあるので、
冷蔵保存するとよいでしょう。


■冷蔵庫で保存

一般には、冷蔵庫のチルドルームで、
ネットに入れたまま、あるいは新聞紙に包んで、
保存すると鮮度良く保てます。

ニンニクは、ビニール袋は苦手です。
また、温度は一定に保つようにして、
あちこちに動かさないほうが、
より新鮮さを保つことができます。


■冷凍保存

ニンニクを一片ずつに分け薄皮をはいで、
一片ずつ個別にラップで包んで、
冷凍保存袋に入れ冷凍保存します。
臭いがもれませんし、重宝します。

ニンニクをみじん切り、または、すりおろして、
少量ずつ薄く平らにして、
ラップに包み、さらにタッパーに入れ冷凍保存するか
ジップロックなどに平らに入れて冷凍保存します。

使う分だけ、折り取り使用します。
板状にするのがポイントです。
料理するときにとても便利です。
凍ったまま料理に使用できます。


■ニンニク醤油など

ニンニクを調味料などで保存する場合は、
醤油漬け、味噌漬け、はちみつ漬、焼酎漬け、
オリーブオイル漬け、ワイン漬けなどが味わい深いです。

ニンニク醤油は、作っておくとお料理に香り付けに便利です。
ニンニクの薄皮をむいて、水気をよく切り、
ペーパータオルで水分をぬぐいます。

こうすると、腐ったりカビが生えにくくなります。
さらに煮沸消毒した広口瓶に入れましょう。

ニンニクがかぶるくらいに醤油を加えます。
1ヶ月から約半年以上寝かせます。
5年ものとかも、おいしいですよ。

ニンニクが真っ黒になったら、食べ時です。
そのままでも、刻んでチャーハン、餃子や炒め物の香り付けに。

ニンニク醤油は刺身の醤油や焼肉のたれにしても、おいしいです。
刺身では、とくに、かつお、馬肉、イノシシなどに最高です!

■参考
・ニンニク(にんにく)の育て方、栽培方法
・ジャンボニンニクの育て方、栽培方法
・無臭ニンニク(にんにく)の育て方、栽培方法
・ニンニク(にんにく)の種類
・ニンニクのプランター栽培
・ニンニクの育て方 ←地植え基本編です
 カテゴリ
 タグ