hakusaihatake300.jpg
ハクサイ、菜園に咲くバラのよう


>>12月の家庭菜園作業 防寒対策と腐葉土・堆肥作りを
に移動しました、詳しくはこちらをご覧ください


家庭菜園、12月は寒風が吹き、霜が降ります。
寒いのは野菜も同じですね。

菜園を見回って、防寒の対策や手直し、
土寄せなどを行いしましょう。
家庭菜園作業も楽しい季節です。

■管理と手入れ
コマツナ、ホウレンソウ、シュンギクなどは、
順次間引き菜を収穫します。
野菜の少ない1〜2月ころに、本格的に収穫できます。

秋まきのブロッコリーは、花蕾ができはじめたら、
キャベツ、ハクサイは、結球しはじめたら、
追肥、中耕をして土寄せ敷きわらをしましょう。

不織布をかぶせて、すそをピンや洗濯バサミでとめておくと、
防寒、防鳥の効果があります。
・ブロッコリーの育て方

タマネギは、12月中に除草、追肥して土寄せします。
根深ネギは、もう収穫できる季節ですが、
年明けまで植えておく場合は、土寄せをしておきます。

■収穫
夏まきのブロッコリー、キャベツは、収穫の時期となります。
ブロッコリーは、花蕾(からい)が約10cmくらいになったら、
すぐに包丁などで下葉を3枚ほどつけて切り取ります。

表面の蕾が均一に固くしまっているときが収穫時です。
収穫後も、脇芽が出てくるので、こちらも収穫します。

ハクサイは外の葉で包み、紐でしばり菜園に置き、
順次収穫していきます。

■病害虫の予防対策
豆類が鳥の被害に合いやすいです。
支柱を立てて不織布で覆い裾をとめておくか、
テグス(釣り糸)を低い位置に張ると良いです。

■腐葉土と堆肥作り
健康なおいしい野菜を作るには、良い土作りが基本です。

冬は畑も空き気味で、育成作業に時間をとられないので、
自家製の腐葉土、堆肥を作るのに絶好の季節です。

下記に簡単にできる腐葉土、堆肥の作り方をご紹介しました。

・腐葉土の作り方−狭い場所で落ち葉を利用
・生ごみ堆肥の簡単な作り方、方法

■参考
・家庭菜園作業12ヶ月