hukujyusou300A.jpg
福寿草の花言葉は、永遠の幸福、祝福、幸福を招く


hukujyusouB.jpg
福寿草、雪解けとともに咲く


福寿草(フクジュソウ)は、お正月を飾る花、
春の息吹を感じさせてくれる植物です。

福寿草は、お正月に、ナンテン、ヤブコウジ、苔などと、
寄せ植えにした植木鉢が多く販売されます。

福寿草は、根が発達している植物なので、
正月用の浅い化粧鉢に植えられたものは、
根を切りつめられて開花後に元気がなくなります。

翌年も福寿草の花を楽しむためには、
お正月過ぎに深めの大きめの鉢にや地面に、
植え替えるのが良いでしょう。

また、福寿草を購入するときに、
深い鉢やポットに入っている苗を選ぶと、
根の傷みが少なく、さらに安心です。


福寿草植え替え

植え替えは、9〜2月が適しています。
小〜中粒赤玉土あるいは鹿沼土と腐葉土をなどを、
同量に混ぜ、できれば砂を少し混ぜた用土に植え付けます。

古い根は整理し、新しい根は切らずに広げます。
鉢植えは、鉢に株を並べ花の向きを想像し位置を決めましょう。
3芽で5号鉢に、5芽以上の株は6〜7号鉢くらいが適しています。

箸などでつつきながら用土を入れます。
根が多いとなかなか土が入りずらいですが、
細かい土を使って隙間なく入れましょう。

地植えにする場合は、
同じ場所で栽培すると連作障害で生育が弱ります。

植え替え、株分けのときは、
新しい用土、場所に植えつけると株が元気に育ちます。

■参考
・福寿草(フクジュソウ)の育て方

>>福寿草の苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ