soramame-up300A.jpg
ソラマメ、3月ころに開花する


tyougai1.jpg
ソラマメ、再度のタネまき、お歯黒を斜め下に


tyougai2.jpg
ソラマメの防寒のために腐葉土を敷く


tyougai4.jpg
海釣りで使った網で、鳥害対策


tyougai5.jpg
ベランダのソラマメもまきなおし、仮のすべり止めネットで覆う


tyougai6.jpg
こんな感じで、CDも吊り下げておく


tyougaiyou.jpg
こちらが理想的な鳥除け虫除けネットの張り方、セットで2000円弱、
自作するなら、クリーニング店のハンガーをまげて支柱にし、
不織布のみ購入し、洗濯バサミでプランターのフチをとめれば良い


10月中旬から、ソラマメ、エンドウマメのタネを、
1階の庭の鉢、プランター、ベランダのプランターに、
10コ以上まいたのですが、
鳥につつかれ、ほじくりだされて、全滅しました。

鳥の種類は、分からないのですが、力のある鳥、
カラスが参加していることは、間違いありません。

この場所は東京のど真ん中の住宅街で、
ここ10年の間に鳥の害にあったことはないのです。
熊や猪と同様、食べ物がなくて、我が家まできたのでしょう。

ソラマメの美しい花の紫と白の文様や、
ふわふわのサヤにおさまった実のことを思うと、
ソラマメをあきらめきれずに、今日、再度まきました。

ソラマメのまき時としては遅いので、
いろいろな本やインターネットで調べたところ、
サラダソラマメならだいじょうぶそうなので、
こちらと一般のソラマメをまくことにしました。

鳥除けには、不織布が適していますが、
すぐに入手できなかったので、
100均ですべり止めネット(40×100)を購入。
不織布が、届くまでの仮の防御策とします。

鳥は、タネがある程度軟らかくなってから、
突きにくるそうで、ある程度育つと食べないと、
記しているサイトがありました。
が、しかし、豆類の葉や実を食べる鳥もいるそうです。

はあ〜、どうなることか、
来年、ソラマメの花が見られて、
実を食べられそうだったら、
ビールとソラマメで祝杯です。

■参考
・サラダソラマメ(サラダそら豆)の育て方と料理方法
・ソラマメ(空豆)の育て方と食べ方
・カラス、ハトなど鳥退治・鳥害防止の方法
 タグ