PelargoniumA.jpg
ペラルゴニウム・シドイデスの花


PelargoniumB.jpg
ペラルゴニウム・シドイデスのシルバーグレーの葉と花


PelargoniumC.jpg
ペラルゴニウム・シドイデスの遠景


ペラルゴニウム・シドイデス(Pelargonium sidoides)は、
南アフリカ産の原種ペラルゴニウムで多年草です。

NHKスペシャル「夢の新薬が作れない〜生物資源をめぐる闘い〜」で、
紹介され、注目を浴びているペラルゴニウム・シドイデス。

売り切れが続いていたのですが、
やっと、通信販売で入手できそうです。

シルバーグレーの丸い葉が愛らしく茂り、
花茎が長く伸びて小さく可憐な花を咲かせます。

花色は深いワインレッドで、蝶のような形も美しい!
耐寒性ー7℃と冬にも強く花期も長いので、
鉢植えや寄せ植え、コンテナにお勧めです。

草丈は、40cmくらいで、草姿は乱れにくく、
コンパクトにまとまり世話がしやすいです。

・栽培環境
ペラルゴニウムの中でも育てやすい品種です。
やや乾燥気味に育てるとじょうぶに育ちます。

梅雨などは長雨に 当てないようにします。
用土は水はけが 良い土を使用してください。

ペラルゴニウムの中では耐寒性が強いですが、
凍ったり霜は苦手で、防寒が必要になります。 

室内では、暖かすぎると徒長して形が悪くなり、
翌春の開花が遅れることがあります。 
できるだけ低温で栽培すると元気な苗になります。

・花がら摘み・剪定
早春から晩秋まで咲くので、
花の終わった花茎をこまめに摘み、
傷んだり黄色くなった葉を摘み取ると、
長期間、花を楽しめます。

コンパクトな姿を保つには、
枝分かれを促すように、弱剪定をします。
茎が伸びすぎた場合は、2節分くらいを切り戻してください。

・肥料
春と秋、化成肥料を置き肥として与えるか、
1〜2週間に1回、薄めの液体肥料を与えます。
秋に植え替える場合は、元肥を施します。

・増やし方
挿し木や株分けのほか、タネからも発芽が良いです。

・病害虫
とくにありません。

>>ペラルゴニウム・シドイデスの苗を見てみる