avocado3.jpg
アボカド、結実!


avocado1.jpg
アボカド、観葉植物としても楽しめる


アボカド(Avocado)は、クスノキ科ワニナシ属の常緑高木です。
果実の表皮がワニに似ているので、
ワニナシ(鰐梨)とも呼ばれます。

メキシコ、中央アメリカ原産の植物です。
5月くらいに花がつき、11〜12月ころ果実を収穫します。

アボカドは、脂肪分がたいへん豊かで、
「森のバター」とも呼ばれています。
アボカドの脂肪分は、不飽和脂肪酸が多く、
血中コレステロールを増やす心配がありません。

ビタミンEも多く含まれ、
ミネラルも豊富な健康的果実として人気です。


■アボカドの育て方 栽培方法

販売されている食用のアボカドの実は、
ほかの種類と受粉したものなのが多く、
そのタネを植えても、親と同じ果実は実りません。
観葉植物として楽しむのに向いています。

結実させることを目的として栽培する場合は、
接ぎ木苗を育てるか、2種類の樹木を混栽します。

・栽培環境
アボカドは、日当たりを好みます。
生育に適した温度は25〜30℃、
冬は最低気温が5℃以下にならないように管理します。

熱帯性植物ですが、比較的寒さに強く、
関西以南では屋外でも越冬ができます。

屋外では、冬の風や霜は苦手なので、
防寒対策をしっかりしてください。
一般的に鉢植えで管理するほうが手間がかからず、
結実も早く楽しめます。

理想的な栽培環境は、
春から秋の生育期には、屋外で直射日光にあて、
冬は日当たりの良い室内で育てます。

室内で越冬する場合でも、
段ボールやビニールシートで株を守るなど、
防寒対策が必要です。

・用土
一般の培養土に、2割程度腐葉土か川砂を混ぜて、
排水性の良い用土にします。

・水やり
土の表面が乾燥したら、たっぷりと水やりします。

・追肥
毎年3月ころ置き肥を与え、葉の色が黄ばむなどしたら、
液肥を規定量に薄めて与えます。

・剪定
強剪定はせず、混みあった部分、
風通しの悪い部分を切り戻し剪定します。

>>アボカドの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ