remonyuan1.jpg
レモンの実、落下せず、いつでも新鮮


remon hana.jpg
紫色のつぼみ、白〜ピンクの可憐な花、芳香は強い


レモン(檸檬:lemon)は、ミカン科の常緑低木、果実のことです。

レモンは、柑橘類のひとつで、原産地はインド北部、
高さは、2〜3mほどになり、枝には棘があります。

寒さにはやや弱く、地植えできる地域は、
関東地方以南に限られます。
家庭果樹として鉢植えで楽しめば、実も早く実ります。


■レモンの育て方栽培と剪定

・育てやすい品種
レモンの品種は、豊産性で香りよく果汁の多い、
四季咲きの品種が増えてきました。
耐寒性が強く良い果実がなるのは、
リスボン、ユーレカ、ビラフランカなどの品種です。
おいしい果実ならアレンユーレカが人気です。

レモンは、1本でも結実します。
耐寒性はやや弱いですが、
寒さ対策をすれば育て方もやさしいです。

・植え付け時期
レモンを庭やベランダに植えるときは、
寒さが和らいだ3〜4月が最適です。
温暖な地域では、秋から冬でも植えられますが、
寒さ除け対策をしてあげましょう。 


結実している苗は、秋でもだいじょうぶです。
芽吹いた後に植え付けするときには、
根を崩さないよう、注意して植えます。

・置き場所
レモンの品種にもよりますが、
暖地で北風があたらない、
日当たりの良い場所なら露地栽培できます。

真夏は、西日を避けられる場所が最適です。

気温をマイナス3℃以上に管理します。
観葉植物、庭木、ベランダ菜園でも育てられます。
新しい葉もすがすがしいレモンの香りがして、
愛らしい白い花も甘い高貴な香りがします。

・用土
水はけの良い、肥えた土を好みます。
花が咲き始めるまでは肥料は控えめに与えます。

・水やり
水やりは乾いたらたっぷり与えます。
しじゅう湿っていると根腐れしやすいです。

・施肥
追肥は、置き肥か液体肥料で、
肥料切れしないように栽培します。

・管理
四季咲き性のレモンは、春〜秋まで断続的に開花しますが、
初夏に咲く花を結実させて、それ以外は摘花します。

・剪定
1年目は主幹を地面から40cmほどで切り戻します。
2年目は1年目に伸びた主枝を10cmほど剪定します。
時期は3月ごろが適しています。

また、毎年3月に力のない枝や徒長した枝を切り戻し剪定します。
混みあう枝は間引き剪定し、
木の中まで、良く日が当たるようにします。


remon_janbo.jpg
ジャンボレモンも人気


・収穫
レモンの実の収穫は9月から翌年5月下旬くらいです。
家庭で栽培したレモンは農薬を使わず安心です。
そのまま、まるかじりしても、美味です。

また、早採りレモンは果肉がぎゅっとしまり、
香りと酸味が強く、果汁が多くみずみずしいです。
完熟させると、果肉が柔らかくなり、
まろやかな味になります。

強い酸味や香が欲しいかたは、
長期保存のきく早採り種を試してみるとよいでしょう。

レモンを早採りするときは、緑色が落ち着いてきて、
やや黄緑の柔らかい色合いになったときが最適です。
レモンの花が開花してから、約半年くらいからの果実が目安です。

・増やし方
挿し木とタネで増やせますが、
タネからは時間がかかります。

・病害虫
春の新芽時はアブラムシがつきやすいです。
ハダニやカイガラムシがつくこともあります。
マメに葉水をすると予防できます。

アゲハチョウの幼虫がつくと、
一瞬のうちに葉を食害するので、
発見したら、すぐに駆除します。

>>レモンの苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ