minisikuramenA300.jpg
ミニシクラメン フリンジ咲きも寄せ植えに人気、
八重咲きや青、ストライプのミニシクラメンも好評


ミニシクラメンは、冬のガーデニングに人気です。
育て方がやさしく、冬の間中、花もずっと咲き続け、
冬季から初春11〜3月ごろまで花が楽しめます。

趣味の園芸11月号(放映2010年11月14日と19日)にも、
特集されていますので、
興味のある方は、ご覧になってください。

ミニシクラメンの品種の中から、
屋外でも生長し花が咲き続けるものを、
ガーデンシクラメンという名で販売していることもあります。
屋外屋内でも、元気で育てやすいことが特徴です。

ミニシクラメンの葉や茎は小さくキュートで、
鉢植え、寄せ植えやコンテナにもたいへん映え、
耐寒性が強く、霜にあてなければ屋外でも育てられます。

◎苗を購入するときは
ミニシクラメンの苗を購入するときは、
全体ががっちりした形で、葉やつぼみがきれいな色で、
花芽が多くあるミニシクラメンを選びます。
つぼみが中央にそろっているものが良いです。

ミニシクラメンを通信販売で購入する場合は、
購入レビューなどを参考に、
評判の良い園芸ショップの苗を選んでください。

◎購入後の世話は
鉢やポットに対して花や葉が大きすぎる株は、
購入直後、一回り大きい鉢に植え替えてあげましょう。

ミニシクラメンの用土は市販の草花用の土を使用し、
根の土は崩さないようにそっと取り扱い、
根っこの先端だけを少しほぐして浅めに植えます。
複数の株を植え付けるときは、少し間隔を開けます。

・水やり
ミニシクラメンの冬の水やりは、
土の表面が乾いたら温かい日の午前中にあげるようにします。
水のやり過ぎ、乾燥し過ぎ、どちらも苦手なので、
土の乾き具合をよく確かめます。

・追肥
追肥は、1〜2週間に1度くらい、薄めの液肥をあげます。

・花がら摘み
ミニシクラメンの花がらや枯れた葉は病害虫の原因となりやすいので、
株元からねじりながら抜いていきます。

■参考
・ミニシクラメン 育て方
・シクラメンの育て方 栽培方法
・シクラメンの育て方 しおれるときは?

>>ミニシクラメンを各種見てみる
 カテゴリ