poinnsetia nagamoti.jpg


ポインセチア、いろいろな種類が作られて、
クリスマスにも華々しい雰囲気を楽しませてくれます。

しかし、ポインセチアを買ったり、いただいたけれど、
すぐに葉が黄色くなる、葉がしおれて落ちてしまう、
白い粉のようなもの(コナジラミ)がついて枯れた、
など、長持ちしないことも多いです。

じょうずに栽培すると、
翌年も楽しめるポインセチアの、
長持ちのコツをご紹介します。


■ポインセチア 長持ちのコツは?

1.良い苗を求めること
自分で購入する場合は、苗を見てずんぐりとした良い苗を選びましょう。
ラッピングされているポインセチアは、蒸れやすいので、
できるだけ早めにフィルムなどを取り除いてあげます。

2.水やりに注意する
夏場のポインセチアは、乾いてきたらたっぷり水をあげますが、
冬のポインセチアは、乾燥気味に管理し水を与えます。
実は、世話をしすぎて水を多く与えて枯らすケースが多いのです。

そして、受け皿を使っている場合は、
残った水は、必ず捨てるようにします。

3.温度管理も気遣って
ポインセチアは、メキシコが原産なので、寒さに弱いです。
日中は、日当たりの良い窓辺に置き、
冷え込む夜間は、少し部屋のなかに移動するのが理想的です。

越冬できたら、同じ種類のポインセチアを、
増やすこともできます。

詳しくは、
 ↓ ↓ 
ポインセチアの育て方と越冬方法
 カテゴリ
 タグ