nasu (2).JPG
今年は暑いのでナスの実りが早いです


5月くらいに植えたナスは、多くの実りを経て、
7月下旬には、枝や葉が茂り過ぎて風通しが悪くなり、
ナスの木も疲れて着果も鈍り、病害虫が発生しやすくなります。

そこで、ナスの木をリフレッシュさせ、
さらに良い「秋ナス」をつけてくれるように剪定します。

時期は、8月上旬ぐらいから中旬ころ、
2013年のような猛暑は7月下旬ころから、
更新剪定と追肥などをしてあげます。


■更新剪定の方法と管理

・剪定方法
剪定方法は、ナスの太い枝を、
3分の2から3分の1くらいまで剪定します。


nasusente (1).JPG
樹が元気なので「弱剪定」します、樹が弱っているときは「強剪定」します


木の形を整える感じで全体の3分の2から3分の1くらいくらいまで、
脇芽が伸びている先まで、切り戻します。
元気なわき芽が伸び始めている先で切るのがコツです。 

強剪定=3分の2すると結実まで40日、
弱剪定=3分の1で30日かかります。

・根切り
ナスの剪定するのと同時に、
地植えでは根元から30cm、
プランターではできるだけ遠い15〜20cmほど、
離れたところにシャベルを垂直に刺しこみ、
根切りをしてあげます。

プランター栽培では、下の写真のように、
「穴あけ」をするのでも良いです。


nasusente (3).JPG
古いハサミなどを使って赤い印くらいの穴をあけます


根切り、穴あけで空気が入り込み古い根の徒長を避け、
新しい根を生えさせることができます。 



nasusente (5).JPG
緩効性化成肥料を株元から離して与えます


・追肥
このようにナスの地上部と地下部の、
バランスをとってから、肥料を与えましょう。

肥料は、株元から少し離れたところに、
プランターであれば4隅に埋め込むようにして、
緩効性化成肥料を与えます。


nasusentex.JPG
最後に株元に腐葉土かワラを敷きます


・腐葉土・ワラ敷き
その後、株元に腐葉土やわらを敷きこむと、
乾燥も防ぎ、雨の泥はねもなく、
約30〜40日で、美味しい秋ナスが収穫できます。

ナスを何本か作っている場合は、
1〜2本、剪定しないナスを残しておくと、
秋まで続けてナスを楽しめます。


■病害虫

実のあまり実っていないこの時期に、
ハダニ、アブラムシ、アザミウマなどの、
防除のため殺菌、害虫の捕殺もしておきましょう。

■参考
・ナスの育て方
・ナスのプランター栽培
・ナスの更新剪定 2016
>>ナスの育て方.com
(2013.07.17改訂)
 カテゴリ
 タグ