aki_sianpink300.jpg
ピンク系の秋色アジサイ


秋色アジサイ、育て方もやさしく、今年も人気のアジサイです。
従来のアジサイは、早く色が変わり、傷んでしまうのですが、
秋色アジサイは、ゆっくりと美しく色が変わっていくアジサイです。

2000年頃から西欧で注目されて、
新しい品種としてが認められたのが始まりです。
フランスで流行の火がついたという噂です。

日本では、「西岡花園」の西岡宏祐さんが、
「秋色アジサイ」を生産したのが、始まりだと思われます。
とくに鑑賞期間の長いアジサイをめざしたのが、
「西安(シーアン)」という新品種です。

「西安」の種類は、ピンクとブルー系があります。
どちらも、時とともに、美しいグリーンへと変化し、
その後に深みのある赤みが増してきます。

アジサイの切花の移り変わる美しさを、
鉢物で楽しんでもらいたいと思って作った品種が「西安」とのこと。
秋色アジサイは、鑑賞期間がたいへん長く、
色変わりがはっとするほど、きれいで人気です。 
 
「西安」のグリーンへうつろう姿もすてきですが、
3ヶ月も、アジサイを楽しめるのは、豊かな気持ちになります。
ドライフラワーとしても楽しめるのが、嬉しいです。


akiiro1.jpg
ブルー系の秋色アジサイ


■秋色アジサイの育て方

秋色アジサイは、雨があたると変色しにくいので、
屋内で鑑賞するのに向いています。
また、ガラス越しでも直射日光は苦手です。
水遣りは、土の表面が乾いたらたっぷり与えてください。

秋色アジサイを鉢や庭に植え替えても、
元の苗のように人為的に温度や日当たり、雨量をコントロールできないため、
翌年にまったく同じような、劇的な色の変化は望めないようです。

秋色アジサイは、一般のアジサイと同様の育て方をすれば、
翌年、ブルー、ピンクなどの花は、きれいに咲きます。
アジサイの花をそのまま長く枝につけておくと、
翌年の花は多少、少なくなりますが、自然な秋色を楽しむことができます。

>>秋色アジサイを見てみる

■参考
・アジサイの種をまこう!
・ダンスパーティーの育て方
・ハイドランジアの花後の管理
・アジサイを小さく保つコツ
・アジサイの育て方|毎年咲かせる剪定方法
・アジサイの育て方|鉢植え
・アジサイ 肥料の与え方
・アジサイの種をまこう!
・西洋アジサイ 冬越しのコツ
・アジサイの休眠枝挿し 冬の挿し木方法
・アジサイ 冬の管理と防寒対策
・秋色アジサイ 育て方 種類
・アジサイ剪定、翌年も開花させる方法
・アジサイの鉢植えを地植えにするコツ!
・ツルアジサイの育て方
・アジサイの花の色
・アジサイ育て方12ヶ月 目次|毎月の管理を分かりやすく解説
◎アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき
 カテゴリ
 タグ