スポンサードリンク

2014年05月08日

アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき

nikiajisai300.jpg
アジサイ 挿し木1年後に鉢植えで3輪咲きました


アジサイのお気に入りの品種を見つけたら、挿し木をすれば、
たくさん増やすことができます。
翌年に開花することも、たびたびあり、
四季の生長を見ながらアジサイの魅力を楽しめます。

◎挿し木をする気温と時期
20〜25度くらいの気温で、日が長い方が良いので、
梅雨頃がいちばん良く、初秋も条件が良いと言えます。
5〜7月、9月が適切です。

◎挿し木の鉢・箱の置き場
明るい日陰で強風のあたらない場所に置きます。
夏は涼しい場所を選びましょう。
アジサイは、比較的容易に発根しますが、
発根しにくい新品種は、発根促進剤(ルートンなど)を
つけると発根しやすくなります。
日中多少しおれても、夕方に元気になる場合はだいじょうぶです。

◎挿し木の水やり
土を乾かさないように管理します。
しおれているようなら、霧吹きで葉に水分を与えてあげると良いです。
このくらいの管理で一般的に発根します。
不安な場合は、ビニールをかぶせてあげるのも良いでしょう。
水の変わりにメネデールを適正な量で薄めて使用すると、
挿し穂が弱り難く、発根率がよくなります。

◎挿し木の用土
新しい鹿沼土、パーライト、バーミキュライト、ピートモスを、
単用するのが良いです。
排水性、保水性の優れたもので肥料分のない土を使いましょう。
「新しい」「混ぜない」「肥料分のない」土が挿し木成功のコツです。
また「さし木の土」という市販品も発根しやすいです。


■アジサイの挿し木のしかたと画像

sasiki (1).jpg
挿す枝や葉を「挿し穂」と言い、挿す土を「挿し床」と言います。
アジサイの花芽のついていない、できるだけ元気な新芽の部分を、
15cmほど、カッターやはさみなどで斜めにカットします。
斜めにカットすることで吸水力が高まります。


sasiki (2).jpg
カットした挿し穂を、
1時間ほど水につけて水揚げさせます。


sasiki (3).jpg
1節目の葉を半分に切り、2節目の葉は、すべて取り除きます。
写真中央が、挿し穂となります。
こうして水分の無駄な蒸発を防ぎ、
また挿し穂が動かないよう下の葉もカットするわけです。


sasiki (4).jpg
アジサイの挿し穂たちができあがりました!


sasiki (5).jpg
今回は赤玉土と鉢を使いました。
ポリポットに挿してもかまいません。
先に土を湿らせておいて箸のようなとがったもので、
挿し穂を挿す、やや斜め方向にあらかじめ穴をあけておきます。
挿し穂の茎を無理に挿さず、穴をあらかじめあけてあげるのがコツです。


sasiki (6).jpg
挿し穂をセットして、じゅうぶん水をあげ明るい日陰で管理します。
ルートンを使う場合は、挿し穂をセットする前に使います。

*ルートン
挿し木、挿し芽の発根を促す植物生長調整剤です。
発根がとても活発になり促進され、
発根率が向上するので挿し木、挿し芽の活着が良くなります。
値段も、低価格なので便利です。
>>ルートンを各種見てみる

発根して安定するまで2週間〜1ヶ月かかります。
新しい芽が出てきたら、別の5〜6号鉢に植え替え(鉢上げ)します。
日当たりへ徐々に移動して日向に慣らしていきます。

根が生えているかどうか始終掘って見ると、
発根しにくくなりますので、少し我慢しましょう。

お気に入りのアジサイ、来年、開花が楽しめますように。

■参考
・アジサイの育て方|毎年咲かせる剪定方法
・アジサイの鉢植えを地植えにするコツ!
・アジサイ(紫陽花)に花が咲かない理由は?
・アジサイの花の色
・アジサイ(紫陽花)の育て方
・ツルアジサイの育て方
・フェアリーアイの育て方
・アナベル(山アジサイ)の育て方
・アナベル(山アジサイ)の挿し木方法
・エンドレスサマー 二季咲きアジサイの育て方

>>アジサイの苗を見てみる
*母の日を過ぎると、お値段が下がってきます。

スポンサードリンク
タグ:アジサイ