suikahatidukuri300.jpg
スイカの鉢 栽培に挑戦中


>>6月の家庭菜園作業 夏野菜の栽培管理は手順が大切
に移動しました、詳しくはこちらをご覧ください


家庭菜園、6月には暖かさと日ざし増し、梅雨に入るなど、野菜の生長が早まる時期です。気温が高く湿度が増すと、病害虫の被害が多くなります。
葉物は間引きと追肥、果菜は整枝と誘引をしてあげます。雑草などはこまめに取り除くようにします。

■夏野菜の手入れ
キュウリ、ナス、ピーマン、シシトウ、レタスなどの手入れ、追肥、中耕、土寄せ。ジャガイモ、サトイモなど根菜の手入れをします。
ナスの追肥のコツ

■香味野菜のタネまき
ミツバ、シソ、ハーブ類などをまいておくと、料理の薬味に便利です。

■サツマイモの植え付け
サツマイモの苗は6月上旬ころまでに植え付けます。
高さ30cmくらいの畝を作り、黒色のマルチングをすると地温が上昇し雑草もはえにくくなります。

■病害虫の予防対策
家庭菜園でも病害虫の発生しやすいときです。キュウリのべと病、うどんこ病、トマトの疫病、そしてアブラムシが発生しやすいので、予防、発生の発見を早くして防除していきます。薬剤を使う場合は、風の少ない曇りの日に散布しましょう。
野菜の枝葉が混んでいると風通しが悪くなり病気が発生しやすくなるので、整枝、誘引を行って、植物全体に光が当たるようにするだけで、育成状態が良くなります。

■そのほか
・ナス、ゴーヤ、メロン、カボチャ、スイカの人工授粉
・葉ネギ、秋まき玉ネギ、ジャガイモの収穫
・イチゴ苗の育苗
・インゲン、エダマメ、トウモロコシなど、直まき野菜の手入れ(中耕、土寄せ、追肥)


夏野菜は、適切な時期にタイミング良く世話をしてあげると収穫量が、断然多くなります。
水遣り、整枝、追肥など、きめ細かい世話をしましょう。
 タグ