nasutuihi300.jpg
ナスの追肥は、大収穫のポイント


ナスの追肥は、色艶の良いナスを多く収穫するために、
とっても大切な作業です。

ナスは、5〜6月になると、気温の上昇とともにすくすく成長し、
果実も実りが早くなってきます。

ナスの生長が早まると、肥料の吸収も多くなり、
元肥だけでは足りなくなります。

追肥で、不足した栄養を補ってあげましょう。


akinasu (1).jpg
ナスの木が弱らないよう、よく観察します


■ナスの追肥の方法

1.ナスを観察してタイミング良く追肥する
ナスの植え付け後、半月くらいに第1回の追肥を、
その15〜20日後に1回の間隔で、合計3〜4回与えます。

ナスの花が小さくて色が薄く、めしべが短い花が増えたら、
木が疲れているので、果実は早取りして木の負担を軽くします。

同時に肥料を与える期間を短くしてあげましょう。
このように栽培すると、ナスは、
かなり早期に元気を取り戻してくれます。
葉色が黄色くなったときも、肥料不足です。

2.肥料の種類を選び適量を与える
ナスの追肥の肥料の種類は、
化成肥料、油かす、有機肥料などが良く、
量は1株に、大さじ1〜2杯ぐらいを与えます。

2〜3回目の追肥では、着果も増えるので、
2〜3杯ぐらいに増やしていきましょう。

3.追肥する位置は吸収しやすい場所に
ナスの追肥を与える場所は、
肥料を吸収しやすい根の先端近くが望ましいです。

1回目は株元から15〜20cm離して円状に、
2回目以降は畝に沿って鍬で軽く溝を作り与えます。

プランター栽培の場合は、プランターの4隅に埋め込むようにします。

■参考
・ナスの育て方
・ナスのプランター栽培
・ナスの剪定|秋ナス収穫のために
 カテゴリ
 タグ