buru-de-ji-B300.jpg
ブルーデージーは、涼しげで人気


buru-de-ji-C300.jpg
ブルーデージーの斑入り


ブルーデージー(学名 Felicia amelloides)は、
キク科フェリシア属の宿根草です。

南アフリカ原産で別名フェリシア、
ルリヒナギクとも呼ばれます。

ブルーデージーのブルーの花びらと、
中心の黄色のコントラストが、
涼しげで美しく、ファンの多い植物です。

一輪挿し、切花、寄せ植え、花壇植えなど、
いろいろに楽しめます。
葉に斑入りのブルーデージーも人気です。

ブルーデージーの開花時期は、
4〜10月で真夏の高温多湿な時期は、
開花しないこともありますが、
少し涼しくなるとまた咲き出してくれます。

草丈は、平均30〜40pで品種により異なります。


buru-de-ji-A300.jpg
ブルーデージーは寄せ植えも楽しめる


■ブルーデージーの育て方

ブルーデージーの育て方は、容易です。

・栽培環境
真夏は明るい半日陰くらいの風通しの良いところ、
夏以外は日当たりの良い場所で栽培してください。

・用土
土は 一般の培養土や水はけがよく肥えた土を好みます。
庭植えの場合は、あらかじめ肥料や腐葉土を混ぜ込んでおきます。

・追肥
薄めの液肥を2週間に1度くらい与えます。

・水やり
庭植えの場合、晴れが続いたときにたっぷり与えてください。
鉢植えの場合、土の表面が乾いたら、
鉢底から水が流れ出るくらいにたっぷりと与えます。

やや乾燥気味に育てたほうが元気に生長します。
鉢皿にたまった水は、水やりのたびに捨てましょう。

夏は午前中の涼しいときに、
冬は凍らないよう午前中に水やりします。

・越冬
耐寒温度は、約5℃、冬は苦手ですので、
寒い地域では、霜対策をするか、
軒下や室内に取り込んでください。

・肥料
ブルーデージーは花後のお手入れをすると、
長期間花が楽しめます。
咲き終わった花はそのたびに花茎の付け根から摘み取ります。

・植え替え
ブルーデージーの鉢植えは、植え替えが必要です。
春の花後に一回り大きな鉢に植え替えます。
生育が速いので1〜2年おきに植え替えた方が良いでしょう。

・剪定
全体の花が終わったら一度切り戻し剪定をすると、
また花芽を伸ばしてくれます。

鉢植えは、植え替え前に切り戻し剪定をして、
植え替えてあげるのが良いです。

鉢を同じ大きさにしておきたい場合は、
三分の一くらい根を切り詰め、
茎の部分も同様の割合で剪定すると良いようです。

・増やし方
ブルーデージーを増やすには、挿し芽と株分けが一般的です。
挿し芽は、春に、清潔な用土に挿して、
1ヶ月後の発根したものをそっと鉢に植えて育てます。
秋に挿し芽をした場合は、凍らないところで越冬させ、
翌春に鉢上げします。

>>ブルーデージーの苗を見てみる
 カテゴリ