yamaajisaixx300.jpg
ツルアジサイ、15〜20mくらいも這い上がっていく


yamaajisaiA300.jpg
ツルアジサイのまわりの花は装飾花で、中央部にが両生花


ツルアジサイ(蔓紫陽花)は、別名ゴトウヅルとも呼ばれる、
アジサイ科アジサイ属の落葉つる性木本です。
北海道から九州に分布し、山地に自生する美しいアジサイです。

ツルアジサイは、幹や枝からたくさんの気根を生じ、
壁や樹木、フェンスに絡みつきながら這うように上り育ちます。

高さは、放っておけば15〜20mくらいにもなります。
白色の花を咲かせるアジサイで、格子状のフェンス、
支柱、扉などに絡めても美しい品種です。

ツルアジサイの葉には葉柄があり、形は卵形で約10cm、
葉の先はとがり縁は鋸状になります。
花は6月〜7月ころに咲き、小さな薄いクリーム色の、
花が集まって咲きます。


■ツルアジサイの育て方

ツルアジサイの育て方は、比較的容易です。

・栽培環境
日当たりが良く、肥えた排水のよい土、
適度に湿気がある場所を好みます。日陰でも育てられます。
真夏の直射日光は苦手で、葉焼けを起こしやすいです。

ツルアジサイは、落葉樹ですので、冬場は落葉します。
放任していても形状に合わせて形を整えます。

・追肥
定期的に肥料を与えますが、花が咲いているときは必要ありません。
初夏に白色の花が集まって咲きます。

・誘引と剪定
ツルアジサイをフェンスに美しく絡ませたり、
壁などをカバーする場合は、誘引してあげるときれいに仕上がります。

15〜20mくらい伸びますが、小さいスペースの場合は、
剪定して枝分かれさせ、2mくらいにコンパクトに育てることもできます。
 
ツルアジサイは、晩秋ころに古い枝の先に翌年の花芽ができるので、
剪定は初夏から夏の花後に行いましょう。 

枝を多く作ることで花芽が増え、形も美しく整うので、
花後の剪定は必ずすると見栄えが違います。
全体の半分ほどを切り戻す中剪定がお勧めです。

・増やし方
ツルアジサイを増やすには、春の挿し木が容易です。

■参考
・アジサイの種をまこう!
・ダンスパーティーの育て方
・ハイドランジアの花後の管理
・アジサイを小さく保つコツ
・アジサイの育て方|毎年咲かせる剪定方法
・アジサイの育て方|鉢植え
・アジサイ 肥料の与え方
・アジサイの種をまこう!
・西洋アジサイ 冬越しのコツ
・アジサイの休眠枝挿し 冬の挿し木方法
・アジサイ 冬の管理と防寒対策
・秋色アジサイ 育て方 種類
・アジサイ剪定、翌年も開花させる方法
・アジサイの鉢植えを地植えにするコツ!
・アジサイの花の色
・アジサイ育て方12ヶ月 目次|毎月の管理を分かりやすく解説
◎アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき

>>ツルアジサイの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ