pannji-xx300.jpg
花がら摘みをすると、パンジーも長くきれいに咲き続ける 


植物により、自然に花を落とすものと、
ずっとつけたままの植物があり、
つけたままの代表は、バラ、シャクナゲなどがあります。

花がら摘み、花が咲き終わったら、
しおれた花=花がらをつみとってあげましょう。

枯れた花をそのままにしておくと見た目も美しくなく、
花がらが腐っったり害虫の発生を促します。
さらに灰色かび病などの原因となります。 


プリムラ、ペチュニア、パンジーなどのタネができやすく、
開花期間が長期にわたる植物は、花がらをつけたままですと、
タネができて養分をとられ株が弱り、
花つきも悪くなってしまいます。 


プリムラ、ペチュニア、パンジーなどは、
花が終わったら、花の茎の根元から取り除きます。
アザレアなどは、子房から花がら摘みをします。

花がら摘みは、花を長期にわたって楽しむには、
たいへん重要なお手入れなんですね。

ゼラニウムやメランポジウム、ニチニチソウは、
花がら摘みの必要のない植物です。
これらは、セルフクリーニングの花と呼ばれ、
大きな庭や花壇で、大変重宝します。
 カテゴリ
 タグ