taranoki300xx.jpg
タラの木 
タラの芽が食べたくて、近所の花屋さんで購入。
315円でした。以前にもホームセンターで苗を購入したのですが、
夏を乗り切れませんでした。
風通しの良い場所を好むので、特等席に置いていますが、
来年タラの芽の天ぷらができるかな?


nagauzura300.jpg
長うずら」というインゲン
まいてみました。早生タイプの平ザヤインゲンです。
サヤの長さが13pくらいになるので、楽しみです。
若サヤはおひたしや炒めものに、実は縞模様で煮豆に適しています。
このほかにも、ツルナシインゲンをまきました。


kinnjitukinusaya300.jpg
絹サヤエンドウ 
標準プランターで3個育てています。小さめで収穫するとサラダに美味です。
大きくなったら炒め物、掻き揚げにしても豪華です。
花も美しく可憐、来年は赤いエンドウも育ててみたいです。


wasabihatake300.jpg
畑ワサビ 
活躍してくれます。かなり辛味が強くて、葉茎を切り取るだけでツーンとします。
おひたし、一夜漬け、醤油付け、炒め物にもおいしいです。


畑ワサビの育て方は、とても簡単ですので、日本のハーブとしてお勧めです。

soramamekinnjitu300.jpg
ソラマメ いよいよ収穫が近づいてきました。
羽のはえた虫がたかるので、木酢液で防いでいます。

待ちきれずに、3サヤほど収穫し、
15oくらいの豆をサラダとラーメンにあしらってみたら、
新鮮でコクがあり、とってもおいしかったです。

エンドウ、インゲン、ソラマメなど豆類は、
連作を避けるためにプランターの土を新しいものにすれば、
ほとんど失敗せず育てられるのが、嬉しいですね。
 カテゴリ
 タグ