yamaudo300xx.jpg
山ウド、新鮮だと美味


山菜を山里で味わうのは、なかなか贅沢なことですが、市場には一足早く春がやってきます。
山菜の出荷時期は、3月中旬から6月初旬くらいでしょうか。主な山菜をご紹介しましょう。

フキノトウ 3月中〜下旬市場に(以下同じ)
フキノトウは天ぷらがおいしいですね。フキの葉柄は煮付けやおひたし、葉を細かくきざんで佃煮などにして食べると美味です。
フキ味噌もオススメです。

山ウド 3月中〜下旬
山ウドの栽培ものは、3月の中〜下旬がピークです。野生のものは4〜5月の一時期にごく少量が出回ります。若葉は天ぷら、茎は厚めに皮をむき、ぬたなど酢みそあえにします。皮はきんぴらにするとおいしいです。

タラの芽 3月の1ヶ月間がピーク
タラの木の若芽がタラの芽。有名で豪華な山菜で、アクが少なく、天ぷらやおひたしにすると美味。

コゴミ(草ソテツ)
ほとんどが、栽培ものです。くるくると巻いた若葉を、さっと塩ゆでしておひたしや汁の実にします。緑が美しく、少しヌメリ感があって美味です。

■ワラビ 3月一杯
野生のものは4〜6月頃が旬です。古くから親しまれ食されてきた山菜。アクが強いので、アク抜きしてあえもの、煮ものにします。しっかりアクを抜くとたいへん美味です。

行者ニンニク
ニンニクと似た香りがあり、若葉と若芽、つぼみを摘み、ぬたや辛子あえにします。タネまきから収穫までが5〜7年とたいへん長いので、貴重な山菜で、高値で取引されています。

■ツクシ
アクが強いです。はかまをとり、ゆがいて水にさらしてから、おひたし、和え物、卵とじがおいしいです。つくしと同じ根からスギナが育ちます。

>>山菜の苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ