satoimo300.jpg
サトイモの収穫は11月中旬から


satoimo small.jpg
サトイモ丸ごと茹でて食べるのも美味


サトイモ(里芋、学名:Colocasia esculenta Schott)は、
サトイモ科の植物で、マレー地方が原産と言われています。
茎の地下部分の子イモを食用とし、
葉柄も芋茎(ズイキ)と呼び食用にされます。

ジャガイモもそうですが、サトイモも、
深めのプランターで栽培することができます。


サトイモ育て方

サトイモの育て方は、比較的やさしいです。
草丈、葉ともに大きく育つので、広さのある場所、
プランター栽培なら深型の大きいものを使います。

・植え付け時期
タネイモの植え付けは4〜5月です。
高温を好む植物ですから、
マルチングをすれば4月中旬から、
植え付けられます。

・栽培場所
サトイモは、連作が苦手ですので、同じ土での栽培は、
3〜4年以上は期間をあけてください。
乾燥が苦手ですので、湿気のある場所で、
半日くらい日が当たる場所が望ましいです。

サトイモは、高温多湿を好むので、
湿地の水田でも栽培できます。
排水の悪いところは、
排水対策をじゅうぶん行うようにします。

・芽出し
3月中旬から4月上旬に、
植え付けより1ヶ月早めに、
タネイモの芽出しをすると、
発芽が早く、そろって生長します。

タネイモを45℃くらいのお湯に1時間浸して、
芽を上に向けて土に置き、水をたっぷり与えます。
その上を穴をあけたビニールで覆います。

1ヶ月ぐらいで発芽するので、
芽が2〜3cmのころ植え付けます。
畝は平らに作り30cm間隔で、
軽く土をかけます。

・タネイモの準備
芽が出ている場合は、
真ん中の大きく強い芽を残し、
ほかは爪でかきとります。

・畑の準備、肥料
植え付けの1ヶ月前に、
1u当たり堆肥2kg、苦土石灰100gくらいを、
混ぜ込んでおきます。

元肥は植え付けの7日前までに与え、
よく耕して土と肥料を混合します。

施肥量は1u当たり化成肥料40gが一般的です。
うね幅は1.5m、排水の良い土地では平うねに、
悪い場合はやや高うねにします。
株間は70cm、植え付けの深さは6〜10cmくらいです。

・プランター栽培
サトイモの栽培で大型プランターの場合、
タネイモは、1〜2個、
深さはタネイモの1.5倍くらいに植えつけます。
用土は、野菜用の培養土が良いでしょう。

植え付け後腐葉土をたっぷりかぶせておくと、
乾燥防止にもなります。
腐葉土の上に化成肥料を与えておきましょう。


サトイモ中耕土寄せ

サトイモの植え付け後の育て方のポイントは、
中耕と土寄せです。

・5月下旬ごろ
本葉が2〜3枚のときに、
1u当たり化成肥料を30gを株元に施し、
除草、中耕をして軽く土寄せをします。

・プランターの場合
1株につき、ボカシ肥を2〜3個与えます。
タネイモから2本以上発芽したときは、
じょうぶな芽を残して、ほかは早めに除去しましょう。
土寄せと同じ時期に増し土をしてあげます。

・7月上旬から中旬
2回目の追肥と中耕、土寄せをします。
1u当たり化成肥料100gを、
株の回りに施し、土寄せします。
この土寄せが不足していると、
サトイモの肥大等が悪くなります。

土寄せ後、乾燥を防止するため、
敷きワラをするとさらに効果的です。
夏に乾燥が続くときは、
じゅうぶん水遣りしてあげます。


サトイモ収穫

収穫は、11月中旬がメドとなります。
サトイモは、親イモに子イモをつけたまま、
収穫します。

茎葉を根際で切り取り、
イモのある場所を確かめてから、
スコップでまわりの土を掘り出し収穫します。

■参考
・サトイモの種類と特長
・サトイモの収穫と保存
・サトイモの育て方|元肥と追肥のコツ
・サトイモの栽培|タネイモが発芽しない理由は?
・サトイモ収穫、小さなイモしかできない理由は?
・ジャガイモの育て方 栽培方法 家庭菜園で美味な多収穫
・カボチャの育て方|地植えでおいしい大玉収穫!
・ヤマイモの育て方|パイプ栽培で収穫が楽に!

>>サトイモの種芋、苗を見てみる

2011.02.03 Update
 カテゴリ
 タグ