budousannsyou.jpg
ブドウサンショウ(山椒)


sansyo.jpg
サンショウの実をていねいに取ります


サンショウ(山椒)は、家に1本あると、
香辛料に料理の飾りにたいへん便利ですね。

サンショウは、若い芽、葉、花、実、枝など、
ほとんどすべてが香辛料として利用できます。

しかし、園芸店で売られているサンショウは、
環境の変化に弱く育てにくいようです。

ブドウサンショウという実サンショウは、
実が大きく房なりになるサンショウです。

育てやすく収穫量が高いのが魅力です。
サンショウの一粒一粒が大きく、たわわになります。
品質が特に優れている扱いやすい品種です。

ブドウサンショウの葉には、すばらしい芳香があり、
実にはピリッとした爽やかな辛味があります。


sansyo (3).jpg
タケノコの木の芽和え


sansyo (1).jpg
サンショウの佃煮


■ブドウサンショウの育て方

ブドウサンショウの収穫は7月上〜8月上旬。
秋の葉は香りが少なめです。1本で実がなります。
樹高は、1.5〜2mになります。

落葉期は樹だけになり、葉がついていない状態です。
耐寒性は強く、−20度で越冬の心配はいりません。
春になると芽吹いてきます。

ブドウサンショウの苗木は、
一般的に1年生接木苗をポットに、
仮植してあるものが販売されています。

・栽培環境
日向から半日向で、風通しの良い場所

・植え付け
ポット苗より2回りほど大きい鉢に植えるか、
庭植えの場合は、土をよく耕して培養土を混ぜ込みます。

・肥料
秋と春に緩効性肥料を少なめに与えます。
与え過ぎは、良くありません。

・水やり
鉢、庭とも、植え付け後3日くらいは、
たっぷり与えます。

真夏以外はほとんど水やりの必要はありません。
鉢植えは、乾いて少し待ってから与えます。

・剪定
剪定は不要です。
コンパクトにしたいときは、落葉時期に剪定します。

・植え替え
移植、環境の変化が苦手です。
鉢植えは、むやみに移動しないこと、
地植えでは、植え替えの必要のない所に植えます。

・収穫
4月〜5月から若芽を収穫します。

実は7〜8月ごろに採取します。
香りが良く柔らかいときに収穫すると美味です。

・病害虫
アゲハチョウの幼虫に注意します。
一瞬で木を丸坊主に食われてしまいます。

アゲハチョウが飛んでいるのをみたら、
幼虫を探して捕殺します。

■参考
・サンショウ(山椒)栽培のコツ
・サンショウ(山椒)の育て方、枯らさないコツは?
・ちりめん山椒(サンショウ)のレシピ、作り方
・サンショウ 山椒の佃煮の作り方 レシピ
・朝倉山椒 育て方

>>ブドウサンショの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ