siba yamanasi300.jpg
シバザクラのカーペット(富士芝桜まつり)


siba kyandexi300.jpg
シバザクラ、キャンディストライプ


siba mon300.jpg
シバザクラ、モンブランホワイト


siba blue300.jpg
シバザクラ、オーキントンブルーアイ


シバザクラ(芝桜、学名:Phlox subulata)は、
フロックスハナシノブ科の1年草、多年草。
ハナツメクサ(花詰草、花爪草)とも呼ばれます。

原産は北米。4〜5月頃にサクラに似た形状の、
ピンク、赤、薄紫、白色の花をつけます。
葉の形や匍匐性があることから、
「芝桜」と名づけられました。

地面を這うように横に広がりながら覆い尽くすので、
グラウンドカバーとして好まれ栽培されます。
同属をまとめてフロックスと呼びます。


シバザクラ育て方 栽培

シバザクラの育て方は、
過乾燥、多湿に注意してあげれば、容易です。

・植え場所
シバザクラは、日当たりが良い場所が好きで、
石垣や傾斜地などやや乾燥しやすいところでよく育ちます。

・株間
生育が早く広がり伸びていきますので、
株間は、40〜50pの間隔で栽培しましょう。

・土
全体に水はけが良く保水性のある土に植えてください。
水はけが悪いと、多湿になり蒸れて根腐れすることがあります。

用土を作る場合は、赤玉土(小粒)半分。
ピートモス3、バーミキュライト2くらいに、
できれば川砂を少し混ぜます。

・水やり
シバザクラの水やりは、やや乾き気味に管理して、
土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

・肥料
肥料は、ほとんど必要なく、
春に緩効性肥料を与えればよいです。

・摘心、花がら摘み
シバザクラの生育期に枝数を増やすよう摘心をします。
枝数を増やすと花も多くつき、
株も大きく生長し開花期間を長く楽しめます。
さらに株の勢いがおとろえないように花がらを摘みます。

・刈り込み
シバザクラの花が終わったら、
梅雨に株を、3〜5pの丈に刈り込みます。
雑草は抜き除きます。

・増やし方
シバザクラは、挿し芽と株分けで増やせます。
まず4〜5月と9月ころに挿し芽で増やせます。
挿し芽は、元気な茎を10cmほど斜めに切り取って、
清潔な土に挿すだけで発根します。
株分けは花が終わる5〜6月が適期ですが秋にもできます。

・花言葉
シバザクラの花言葉は、
「忍耐」「燃える恋」「華やかな姿」など。

>>シバザクラ(芝桜)の苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ