gyo-yaki300.jpg
焼き餃子、焦げ目がパリッとすると美味


gyo1.jpg
焼き餃子、ネタを良くまぜて粘りが出るとうまい


野菜をメインに餃子をつくるとおいしいです。
しかも家庭菜園の味わいを活かして作ると絶品です。
野菜餃子栄養バランスも良いのでお勧めです。

ボリュームが足りないときは、お肉も入れましょう。


■野菜餃子の作り方

・材料 50個分
キャベツかハクサイ  400g
冬の野菜(コマツナ、シュンギク、ネギなど)
           適宜
タマネギ       150g
シイタケ        3枚
ネギ   25g
ショウガ   適宜
ニンニク   適宜
・味付け
にんにく醤油、酒、胡麻油、片栗粉、胡椒など各少々

・作り方
1.材料は全部ミジン切りにします。
2.ミジン切りにしたキャベツに塩をふり、しんなりするまで置いておきます。
3.キャベツはとくに水気をきり、ほかの材料と合わせます。時間があれば、
ボールにいれるなどしてラップをはり1時間くらい冷蔵庫でなじませます。
4.皮に包んで焼きましょう。皮は自家製が絶品ですが、
スーパーでもおいしい皮が出回っています。

・焼き方は?
熱したフライパンにサラダ油を薄く入れ、野菜餃子を並べてフタをし、
揺すりながら中火で焼きます。1分弱で皮に薄く焦げ目がついたら、
餃子が1/3ひたるくらいにお湯を注入れ、蓋をバシッとして、
やや強火で蒸し焼きにしましょう。
約10分、水分がとんで、餃子にパリっと焼き目がついたらできあがりです。
 カテゴリ
 タグ