kannyousyokubutu300A.jpg
ミニ観葉植物の寄せ植えも人気です


ミニ観葉植物、土を使わず育成しやすいです

観葉植物、かわいい ミニ タイプ、人気です。
玄関、居間、キッチン、テーブル、会社のデスクの上に、
ミニの観葉植物があるとみずみずしく和みます。

ハイドロカルチャーやボトルガーデンにしても、良い感じ。
通販、園芸店では、鉢もカラフルで個性的な素材とデザインの、
ミニ観葉植物が販売されています。

大きな観葉植物よりもお部屋に合わせやすく、
好みのアレンジができるのが魅力です。

観葉植物のミニタイプには、アイビー、オリーブ、
ガジュマル、コニファー 、ポトス、ドラセナ、ユッカなど、
多くの種類があり、育て方がやさしいものが多いのも嬉しいですね。

ミニ 観葉植物を透明ゼリーの中に入れて育てる方法もあり、
ゼリーの色との組み合わせが、新鮮で心地よいのでお勧めです。

ミニ観葉植物の栽培方法は、オフィスの事務デスクの場合は、
比較的照明があり育てやすいです。
家庭で留守がちですと、光不足になりやすいので、
できるだけ窓近くの明るい場所で育てるとじょうぶになります。

暗すぎる場合は、スポットライトや植物用の電気をつけると、
驚くほど元気になってくれます。

ミニ 観葉植物の上のほうの葉っぱは元気なのに、
付け根から葉が枯れてくることがあります。

あまり心配する必要はないです。
植物は、上に新しい葉を出したら、下のほうの古い葉は、
黄色っぽくなって落ちたりすることはよくあるのです。

下葉が変色しても、慌てて育てる環境を変えたり水をいっぱいあげずに、
ようすを見てあげましょう。
変色して落ちない葉は、清潔なハサミで切り、
生育状況に応じて、液肥などをあげてください。